HOME > タグ '賃貸借契約'

賃貸借契約:記事一覧

事業用定期借地契約の存続期間中の建物滅失とその後の対応[賃貸事例 1010-R-0082]

賃貸媒介に係る賃貸借契約書への記名押印の義務者いかん[賃貸事例 1008-R-0081]

借地借家法の適用のある土地賃貸借と民法による土地賃貸借[賃貸事例 1008-R-0080]

マンションの建替えに伴う借家人の立退料と新たな借家権の取得[賃貸事例 1006-R-0079]

建物賃貸借における敷金清算のための債権債務の証明者[賃貸事例 1006-R-0078]

始期付賃貸借契約の場合の報酬請求権の発生時期[賃貸事例 1006-R-0077]

借主からの中途解約を防止するための約定と重要事項説明の内容[賃貸事例 1004-R-0076]

重要事項説明後の重要事項説明(告知)義務違反[賃貸事例 1004-R-0075]

短期の土地賃貸借契約と一時使用目的の土地賃貸借との違い[賃貸事例 1004-R-0074]

借主の建物明渡し完了と原状回復までの賃料相当損害金の請求[賃貸事例 1004-R-0073]

賃貸借契約の更新時における登記事項の説明[賃貸事例 0912-R-0072]

建物賃貸借の期間および中途解約に関する民法と借地借家法の関係[賃貸事例 0912-R-0071]

借地借家法35条により借地上の建物賃借人が保護されるケースとは[賃貸事例 0912-R-0070]

未登記建物の賃貸媒介の是非[賃貸事例 0910-R-0067]

賃貸マンションの1棟売りと個人情報との関係[売買事例 0908-B-0106]

借地契約の合意解約の場合の建物買取請求権の行方[賃貸事例 0908-R-0066]

賃貸マンションからの立退きのための定期借家制度の活用[賃貸事例 0906-R-0065]

ペット禁止の賃貸マンションのオーナーチェンジとオーナー自身のペットの飼育[賃貸事例 0906-R-0064]

相続人の存否が不明の賃借人の死亡と賃貸借契約の後処理[賃貸事例 0906-R-0063]

賃料滞納常習者のいる賃貸物件の1棟売りの方法[賃貸事例 0903-R-0060]

抵当権者に対抗できない賃借人の賃料と敷金との相殺[賃貸事例 0902-R-0058]

民事再生会社の物件の賃貸・分譲等の代理・媒介[賃貸事例 0902-R-0057]

ペット飼育を条件とする敷金償却特約の効力[賃貸事例 0902-R-0056]

自社の賃貸借契約締結の自社媒介と媒介手数料受領の可否[賃貸事例 0901-R-0055]

マンションの火災による後片づけと失火元の責任[賃貸事例 0901-R-0054]

共有者全員から委任状のとれていない建物賃貸借の可否[賃貸事例 0812-R-0053]

無権代理人との間の合意解除[賃貸事例 0811-R-0050]

借地上のアパートが競売された場合の借地権の帰すうと賃借人の立場[賃貸事例 0810-R-0048]

所有権を有しないビルの貸主が倒産した場合の借主の立場[賃貸事例 0809-R-0047]

抵当権の登記がなされていない物件のサブリースによる転貸と民法395条との関係[賃貸事例 0809-R-0046]

建設協力金の負担付兼譲渡権利付建物賃貸借契約の締結方法[賃貸事例 0809-R-0045]

定期借地権付住宅の賃貸借の媒介[賃貸事例 0809-R-0044]

「始期付」賃貸借契約の期限到来前のキャンセル[賃貸事例 0808-R-0043]

短期賃貸借の保護のある物件の競落前の期間満了[賃貸事例 0808-R-0040]

売買契約書の原本を1通だけ作成することの是非[売買事例 0807-B-0076]

建物賃貸借における中途解約の場合のペナルティ条項の有効性[賃貸事例 0807-R-0039]

期間満了2日前の解約申入れの効力[賃貸事例 0807-R-0038]

賃料の滞納入居者に対する公正証書の作成[賃貸事例 0806-R-0037]

長期・短期の定期借家契約における民法等の関係法規との関係[賃貸事例 0806-R-0036]

「経歴」を偽って入居した者に対する明渡し請求の可否[賃貸事例 0806-R-0034]

ペット無断飼育者に対する明渡し請求の可否[賃貸事例 0805-R-0035]

賃貸アパート等の「立退き交渉」と非弁行為[賃貸事例 0805-R-0031]

賃料の滞納による明渡し請求と民法改正(旧第621条の削除)との関係[賃貸事例 0804-R-0033]

期間が3年を超える建物賃貸借の場合の民法第395条の適用の有無[賃貸事例 0804-R-0032]

商業ビルにおけるテナント運営の方法(賃貸権限の委譲)[賃貸事例 0802-R-0028]

建物賃貸借において、明渡しの「正当の事由」が認められる条件[賃貸事例 0802-R-0027]

賃借人の保証人が死亡した場合の法定更新後の保証[賃貸事例 0802-R-0026]

資材置場のための土地賃貸借と借地借家法の適用[賃貸事例 0801-R-0025]

賃貸借契約書に署名押印し、賃料も支払ったあとのキャンセル[賃貸事例 0801-R-0024]

貸主(オーナー)が最も煩わしさから逃れることのできる貸し方[賃貸事例 0712-R-0023]

当センターでは、不動産取引に関するご相談を
電話にて無料で受け付けています。

専用電話:03-5843-208111:00〜15:00(土日祝、年末年始 除く)

相談内容:不動産取引に関する相談(消費者、不動産業者等のご相談に応じます)

ホームページに掲載しています不動産相談事例の「回答」「参照条文」「参照判例」「監修者のコメント」は、改正民法(令和2年4月1日施行)に依らず、旧民法で表示されているものが含まれております。適宜、改正民法を参照または読み替えていただくようお願いいたします。

更に詳しい相談を希望される方は、
当センター認定の全国の資格保有者へ

不動産のプロフェッショナル

過去の事例(年別)

  • 賃貸
  • 売買

ページトップへ