HOME > 出版 > 月刊「不動産フォーラム21」

出版

月刊「不動産フォーラム21」

月刊『不動産フォーラム21』(編集・発行:当センター、発売:(株)大成出版社)は、基礎的知識から実務的情報 まで、わかりやすい内容・解説で日々の業務をサポートする、不動産コンサルティング関連業務に携わる方のための雑誌です。知識・技能アップを図る記事、実践的な記事を中心 に、経済・不動産市場動向、 法令改正の動きなどを踏まえた最新の情報を提供しています。
【主な内容】
・コンサルティング基礎講座
・コンサルティング実践例
・マーケット動向
・行政情報
・Q&A(法律・税制・建築・金融・実務等)
・Report、Column、Essay

【2000年5月創刊】
月刊・A4判・48ページ
定価 1,153円(本体 1,048円・送料実費)
年間購読料 12,600円(税込み・送料サービス)
●最新号(12月号)の内容はこちら
●バックナンバーの内容はこちらから
◆2021年11月号にはこんなページが…
 ・これからのリフォーム・リニューアル・リノベーションの捉え方(1)リフォームの現状と今後の動向
 ・ウィズコロナ時代の「パラダイムシフト」(6) コロナ禍後は無形資産が重視される時代に
※月刊『不動産フォーラム21』は、当センターとの業務提携により、(株)大成出版社で発売しておりますので、購読に関するお問い合わせ・お申込みは、下記宛てにお願いします。
株式会社大成出版社 https://www.taisei-shuppan.co.jp/
TEL:03-3321-4131  FAX:03-3325-1888

最新号(2021年12月号)の主な内容

● 特別企画【座談会】

不動産流通業のコンプライアンス確立への道を探る
(前編)媒介報酬・経営者の倫理教育・情報格差
夏原 武(漫画『正直不動産』原案者)・竹井英久((株)アトリウム代表取締役会長CEO)・田中 潤(小学館「ビッグコミック」副編集長)・本多信博(住宅新報顧問・住宅評論家)

● コンサルティング基礎講座

これからのリフォーム・リニューアル・リノベーションの捉え方
〜不動産エバリュエーションの視点から〜(2)検査済証のない中古住宅の売買・前編
河合春樹(アルコット建築設計室主宰/一級建築士)
定期借地権の昨日・今日・明日(5)
定期借地権の一時金と地代について考える (1)一時金の類型について
大木祐悟(定期借地権推進協議会運営委員長)
不動産コンサルティングに役立つ! 「生前対策」実務ガイド (13)
成年後見制度のよくある5つの誤解
元木 翼(司法書士法人ミラシア・行政書士事務所ミラシア 代表社員)
不動産特定共同事業(FTK)のすべて(26)
顧客生涯価値と金融サービス仲介業
石井くるみ(日本橋くるみ行政書士事務所代表)
ウィズコロナ時代の「パラダイムシフト」(7)
コロナ禍にもかかわらず倒産件数が減っている
水谷敏也((一社)不動産総合戦略協会 客員研究員)
続・不動産テックで進化する不動産取引の世界(25)
─「財布から身分証がなくなる社会」を目指す─
木村幹夫((株)トーラス代表取締役/東京大学 協力研究員) 対談/千葉孝浩((株)TRUSTDOCK代表取締役CEO)
まち・ひと・しごと ~事業承継の視点から~(42) 第2ステージ(6)
次世代と共に未来を描き・託す
大山雅己(ジュピター・コンサルティング(株)代表取締役/合同会社ゆわく 代表社員)

● Q&A

[法律]デジタル化法による宅建業法の改正(2)
立川正雄(立川・及川・野竹法律事務所)

● Column

トレンドアイ(87)
実のある安価で勝負する勇者
─ワークマンの快進撃─
島村美由紀((株)ラスアソシエイツ代表取締役)

● コンサルティングエッセイ

自転車とまちづくり(24)
人生100年時代とアフターコロナの100年企業 その3
古倉宗治((公財)自転車駐車場整備センター自転車総合研究所所長)

ページトップへ