HOME > 出版 > 月刊「不動産フォーラム21」

出版

月刊「不動産フォーラム21」

月刊『不動産フォーラム21』(編集・発行:当センター、発売:(株)大成出版社)は、基礎的知識から実務的情報 まで、わかりやすい内容・解説で日々の業務をサポートする、不動産コンサルティング関連業務に携わる方のための雑誌です。知識・技能アップを図る記事、実践的な記事を中心 に、経済・不動産市場動向、 法令改正の動きなどを踏まえた最新の情報を提供しています。
【主な内容】
・コンサルティング基礎講座
・コンサルティング実践例
・マーケット動向
・行政情報
・Q&A(法律・税制・建築・金融・実務等)
・Report、Column、Essay

【2000年5月創刊】
月刊・A4判・48ページ
定価 1,153円(本体 1,048円・送料実費)
年間購読料 12,600円(税込み・送料サービス)
●最新号(9月号)の内容はこちら
●バックナンバーの内容はこちらから
◆8月号にはこんなページが…
 ・生産緑地の継続問題と不動産コンサルティングポイント(2)
 ・地方の空き家を処分したケース
※月刊『不動産フォーラム21』は、当センターとの業務提携により、(株)大成出版社で発売しておりますので、購読に関するお問い合わせ・お申込みは、下記宛てにお願いします。
株式会社大成出版社 https://www.taisei-shuppan.co.jp/
TEL:03-3321-4131  FAX:03-3325-1888

最新号(2020年9月号)の主な内容

● コンサルティング基礎講座

生産緑地の継続問題と不動産コンサルティングポイント(3)
岡田寛之((株)オオバ 事業ソリューション部 専門部長)
不動産特定共同事業(FTK)のすべて(11)
FTKファンドのマーケティング(3) 営業シナジー
石井くるみ(日本橋くるみ行政書士事務所代表)
マンション「終活」「再生」の課題と留意点(5)
―建替え決議と決議後の建替えの進め方―
大木祐悟(旭化成不動産レジデンス(株) マンション建替え研究所 副所長)
続・不動産テックで進化する不動産取引の世界(10)
―エンドユーザー起点で考えればPropTech―
木村幹夫((株)トーラス代表取締役/東京大学 協力研究員) 対談/桜井 駿((株)デジタルベースキャピタル 代表パートナー/PropTech JAPAN Founder)
まち・ひと・しごと ~事業承継の視点から~(27)
―顧客提供価値 〜社会やお客様に選ばれる理由、気付かない用途・貢献〜 ─
大山雅己(ジュピター・コンサルティング(株)代表取締役/合同会社ゆわく 代表社員)

● コンサルティング実務講座

企業再建支援の現場から(6)
ガソリンスタンド再生のポイント
─独自の業態を創造できるか─
安藤ゆかり(企業再建・承継コンサルタント協同組合 シニアコンサルタント)

● Q&A

[法律]改正前民法の瑕疵担保責任と改正民法の契約不適合責任(契約不適合、追完責任、代金減額)
立川正雄(弁護士/立川・及川法律事務所)
[税制]空き地や空き家を売却した場合の100万円特別控除の特例
渡邊 浩滋(税理士・司法書士/渡邊浩滋総合事務所)

● コンサルティングエッセイ

測量よもやま話(20)
どこにあるか分からない土地
高橋一雄((株)測量舎)

● Column

トレンドアイ(72)
エコバッグ持参というニュースタンダード
島村美由紀((株)ラスアソシエイツ代表取締役)

● Topics

土地を「有利な資産と思う」は調査開始以来最低の27%
―令和2年度版土地白書―

ページトップへ