HOME > 出版 > 月刊「不動産フォーラム21」

出版

月刊「不動産フォーラム21」

月刊『不動産フォーラム21』(編集・発行:当センター、発売:(株)大成出版社)は、基礎的知識から実務的情報 まで、わかりやすい内容・解説で日々の業務をサポートする、不動産コンサルティング関連業務に携わる方のための雑誌です。知識・技能アップを図る記事、実践的な記事を中心 に、経済・不動産市場動向、 法令改正の動きなどを踏まえた最新の情報を提供しています。
【主な内容】
・コンサルティング基礎講座
・コンサルティング実践例
・マーケット動向
・行政情報
・Q&A(法律・税制・建築・金融・実務等)
・Report、Column、Essay

【2000年5月創刊】
月刊・A4判・48ページ
定価 1,153円(本体 1,048円・送料実費)
年間購読料 12,600円(税込み・送料サービス)
●最新号(1月号)の内容はこちら
●バックナンバーの内容はこちらから
◆2022年12月号にはこんなページが…
 ・クライアントから絶大な信頼を勝ち取る「空き家特例」─専門性を活かしてリードする─(前編)
 ・「通説」をデータで検証する(1) “中古マンション市場は活況”
※月刊『不動産フォーラム21』は、当センターとの業務提携により、(株)大成出版社で発売しておりますので、購読に関するお問い合わせ・お申込みは、下記宛てにお願いします。
株式会社大成出版社 https://www.taisei-shuppan.co.jp/
TEL:03-3321-4131  FAX:03-3325-1888

最新号(2023年1月号)の主な内容

● 新春企画

2023年の不動産業行政について
三浦逸広(国土交通省 不動産・建設経済局 不動産業課長)

● コンサルティング基礎講座

不動産セクターにおけるESG投資とは
堀江隆一(CSRデザイン環境投資顧問(株) 代表取締役社長)
高木智子(CSRデザイン環境投資顧問(株) 執行役員 パートナー)
「団地」の再生と再建を考える(5)
-「団地の建替え」について-
大木祐悟(旭化成不動産レジデンス(株)マンション建て替え研究所副所長)
不動産特定共同事業(FTK)のすべて(39)
内部管理体制の構築(2) 許可後の手続とファンド起案プロセス
石井くるみ(日本橋くるみ行政書士事務所代表)
ウィズコロナ時代の「パラダイムシフト」(20)
旅客運送業界のパラダイムシフト
水谷敏也((一社)不動産総合戦略協会 客員研究員)

● コンサルティング実務講座

判例でチェック 不動産コンサルティング業務に関する法令の知識(3)
購入した土地に土壌汚染があった場合の売主の賠償責任
富田 裕(TMI総合法律事務所パートナー弁護士/一級建築士)

● マーケティング基礎講座

「通説」をデータで検証する(2)
“オフィス市場は衰退する”
藤井和之(不動産市場アナリスト)

● Q&A

[法律]所有者不明土地に関する民法・不動産登記法等の改正(8)【遺産の管理と遺産分割】
立川正雄(立川・及川・野竹法律事務所)
[税制]インボイス制度。管理会社に求められる対応(外注業者編)
渡邊浩滋(税理士・司法書士/Knees bee 税理士法人)

● Column

トレンドアイ(100)
価値観ギャップには “ゆとりの心” を薬としましょう。
島村美由紀((株)ラスアソシエイツ代表取締役)

ページトップへ

page