HOME > 出版 > 月刊「不動産フォーラム21」

出版

月刊「不動産フォーラム21」

月刊『不動産フォーラム21』(編集・発行:当センター、発売:(株)大成出版社)は、基礎的知識から実務的情報 まで、わかりやすい内容・解説で日々の業務をサポートする、不動産コンサルティング関連業務に携わる方のための雑誌です。知識・技能アップを図る記事、実践的な記事を中心 に、経済・不動産市場動向、 法令改正の動きなどを踏まえた最新の情報を提供しています。
【主な内容】
・コンサルティング基礎講座
・コンサルティング実践例
・マーケット動向
・行政情報
・Q&A(法律・税制・建築・金融・実務等)
・Report、Column、Essay

【2000年5月創刊】
月刊・A4判・48ページ
定価 1,153円(本体 1,048円・送料実費)
年間購読料 12,600円(税込み・送料サービス)
 ※価格改定のお知らせ
●最新号(9月号)の内容はこちら
●バックナンバーの内容はこちらから
◆2023年8月号にはこんなページが…
 ・判例でチェック 不動産コンサルティング業務に関する法令の知識(7) 瑕疵ある建物の賃貸借契約は無効か?
 ・「通説」をデータで検証する(9) “賃貸住宅投資は単身者向けがよい”
※月刊『不動産フォーラム21』は、当センターとの業務提携により、(株)大成出版社で発売しておりますので、購読に関するお問い合わせ・お申込みは、下記宛てにお願いします。
株式会社大成出版社 https://www.taisei-shuppan.co.jp/
TEL:03-3321-4131  FAX:03-3325-1888

最新号(2023年9月号)の主な内容

● コンサルティング基礎講座

不動産IDにおける国土交通省の具体的な取組と今後の展望について
国土交通省 不動産・建設経済局 不動産市場整備課
マンション防災について考える(5)
-被災マンション法における「再建」「売却」の手続き-
大木祐悟((一社)不動産総合戦略協会理事長/旭化成不動産レジデンスマンション建替え研究所特任研究員)
不動産特定共同事業(FTK)のすべて(47)
トークン規制
石井くるみ(日本橋くるみ行政書士事務所代表)
ウィズコロナ時代の「パラダイムシフト」(28)
ジェンダーギャップは解消されるのか
水谷敏也((一社)不動産総合戦略協会 客員研究員)

● コンサルティング実務講座

ケーススタディ File1
老朽化した低稼働の賃貸用不動産に対する不動産コンサルティング
─[相談編]依頼者が抱える問題─
佐藤雄樹((株)Next BRANDING代表取締役)

● マーケティング基礎講座

「通説」をデータで検証する(10)
“空き家対策で地方創生が進む”
藤井和之(不動産市場アナリスト)

● Q&A

[法律]所有者不明土地に関する民法・不動産登記法等の改正(16)【相続土地国庫帰属法(4)】
立川正雄(立川・及川・野竹法律事務所)
[税制]貸駐車場におけるインボイス対応
渡邊浩滋(税理士・司法書士/Knees bee 税理士法人)

● コンサルティングエッセイ

押さえておきたい地盤と防災の話(7)
擁壁というリスク
神村 真(合同会社for/工学博士)

● Column

トレンドアイ(108)
〝3つのNO〟が運動習慣を生む女性限定フィットネス
島村美由紀((株)ラスアソシエイツ代表取締役)

● Topics

民泊の管理業者登録の「必要な体制の整備」に新たな選択肢
-「登録実務講習」修了で要件をクリア-

ページトップへ

page