HOME > 出版 > 月刊「不動産フォーラム21」

出版

月刊「不動産フォーラム21」

月刊『不動産フォーラム21』(編集・発行:当センター、発売:(株)大成出版社)は、基礎的知識から実務的情報 まで、わかりやすい内容・解説で日々の業務をサポートする、不動産コンサルティング関連業務に携わる方のための雑誌です。知識・技能アップを図る記事、実践的な記事を中心 に、経済・不動産市場動向、 法令改正の動きなどを踏まえた最新の情報を提供しています。
【主な内容】
・コンサルティング基礎講座
・コンサルティング実践例
・マーケット動向
・行政情報
・Q&A(法律・税制・建築・金融・実務等)
・Report、Column、Essay

【2000年5月創刊】
月刊・A4判・48ページ
定価 1,153円(本体 1,048円・送料実費)
年間購読料 12,600円(税込み・送料サービス)
●最新号(11月号)の内容はこちら
●バックナンバーの内容はこちらから
◆10月号にはこんなページが…
 ・不動産コンサルティングの地学 ─都市と斜面の物語─ (1) 近世・近代都市の発展と宅地崩壊
 ・続・不動産テックで進化する不動産取引の世界(11)―ブロックチェーン技術で信用・信頼をデジタル化―
※月刊『不動産フォーラム21』は、当センターとの業務提携により、(株)大成出版社で発売しておりますので、購読に関するお問い合わせ・お申込みは、下記宛てにお願いします。
株式会社大成出版社 https://www.taisei-shuppan.co.jp/
TEL:03-3321-4131  FAX:03-3325-1888

最新号(2020年11月号)の主な内容

● コンサルティング基礎講座

不動産コンサルティングの地学 ─都市と斜面の物語─ (2)
家が買いたい!─戦後型斜面災害の出現─
釜井俊孝(京都大学防災研究所教授)
不動産特定共同事業(FTK)のすべて(13)
FTKファンドのマーケティング(5) 投資家のセグメンテーション
石井くるみ(日本橋くるみ行政書士事務所代表)
マンション「終活」「再生」の課題と留意点(7)
―建替え決議後の手続き―
大木祐悟(旭化成不動産レジデンス(株) マンション建替え研究所 副所長)
続・不動産テックで進化する不動産取引の世界(12)
―産官学連携で不動産の新たなイノベーションを―
木村幹夫((株)トーラス代表取締役/東京大学 協力研究員) 対談/武藤祥郎(東京大学連携研究機構 不動産イノベーション研究センター特任教授)
まち・ひと・しごと ~事業承継の視点から~(29)
―地域金融機関の顧客提供価値─
大山雅己(ジュピター・コンサルティング(株)代表取締役/合同会社ゆわく 代表社員)

● コンサルティング実務講座

企業再建支援の現場から(8)
飲食業の再生事例
─長期のノンマネジメントから脱する─
安藤ゆかり(企業再建・承継コンサルタント協同組合 シニアコンサルタント)

● Q&A

[法律]契約不適合による解除・違約解除と故意過失
立川正雄(弁護士/立川・及川法律事務所)

● コンサルティングエッセイ

測量よもやま話(22)
畑の中の赤道、時効取得か払い下げか
高橋一雄((株)測量舎)

● Column

トレンドアイ(74)
“新” より“フツー” がおもしろい。 ─渋谷2020年の様子─
島村美由紀((株)ラスアソシエイツ代表取締役)

● Topics

水災害対策の取組に容積率割り増し
―国土交通省、都市における水災害対策を進めるための容積率緩和の考え方について通知―
法人所有の低・未利用地の8割は継続的に低・未利用状態
―「平成30年土地基本調査」確報集計結果―

ページトップへ