HOME > 資格・講習 > 不動産コンサルティング特別講座

資格・講習

不動産コンサルティング特別講座

不動産のプロである「公認 不動産コンサルティングマスター」のブラッシュアップのための特別講座です。

※本講座の受講は、公認不動産コンサルティングマスターの「更新用件」となります。
更新手続きを、その他の更新用件についてはこちらのページをご確認ください。

当講座は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として下記の通りの要領で運営を進めてまいります。ご受講される場合は、ご理解とご協力をいただきますようよろしくお願い申し上げます。
《受講者の皆様への対応》
・咳が出るなど、体調の悪い方は参加の自粛をお願いします。受講料は後日返金対応をさせていただきます。
・当日はマスク着用でお越しいただき、受講中も着用をお願いします。
・受付にて検温を受けていただき、37.5度以上の発熱がある方は受講をお断りさせていただきます。
・入室の都度、入口の消毒液にて手指の消毒をお願いします。
《施設運営について》
・3密を避けるため、受講者数を会場定員の50%までとし、十分な座席間隔をとります。
・演台と受講者席の間に十分な距離を確保し、フェイスガードや透明なボードの設置等により飛沫対策をします。
・概ね1時間ごとの換気を実施します。
・複数の方が触れる場所の消毒を適宜実施します。

なお、開催地(都道府県)における感染状況が悪化し、開催が困難となった場合は、開催を中止・延期とさせていただきます。その場合はまずは本サイトおよび申込者宛メール等でご案内のうえ、後日受講料を返金致します。


2020年実施

建築プロデュース(3回シリーズ)

~土地・建物・権利、価値を総合的に考える~
※この講座は、公認 不動産コンサルティングマスターの方のみお申込みいただけます。
有効期限が切れている方もお申込みいただけます。
第1回 2/4(火)<終了>
第2回 2/19(水)<終了>
第3回 3/3(火)開催中止
第3回延期日程 6/18(木)<終了>
第3回追加開催 7/30(木)満席により締め切りました
※1日または2日のみでも、お申込みいただけます。 

<講座内容>
不動産コンサルティングを行う上で、建てる前の課題と建てた後の課題を解決する視点に基づいた建築プロデュースができると、提案力が格段にアップします。
付加価値の高い建築企画を提案するためには、どのような知識が必要でしょうか。
建築プロデュースには建築の知識、権利に係る法律知識、価格や賃料に係る経済知識、運営管理に係る経営知識が必要となります。
本講座は、ケーススタディーによる個人ワーキングを通じて、基本的な知識の確認と応用力を学ぶことで、実務の中で実践できるスキルを身に付けていただく3回シリーズの講座です。

<講義内容>

第1回 2/4(火)
(総論)
・なぜ、建築プロデュースなのか
・建築プロジェクトの担い手
・建築のライフサイクルに関わる不動産の法と制度
第2回 2/19(水)
(各論)
・基本構想を作成する
・不動産の収益価格を評価する
・事業収支計画を作成する
第3回 6/18(木)・7/30(木)
(各論)
・不動産投資を分析する
・権利変換計画を作成する
・建物のデューデリジェンス

☆ 実 施 概 要 ☆
日 時 第1回 2/4(火)<終了>
第2回 2/19(水)<終了>
第3回 3/3(火)開催中止
第3階延期日程 6/18(木)<終了>
第3回追加開催 7/30(木)

※1日または2日のみでも、3日すべてでもお申込みいただけます。
受付開始 :9時30分
講  義 :10時00分~17時00分
会 場 不動産流通推進センターセミナールーム
(東京都千代田区永田町1-11-30 サウスヒル永田町8階)
・東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町駅」3番出口より徒歩1分
持ち物 ・研修テキスト「建築プロデュース」(市ヶ谷出版社)
 ※研修テキスト代込みでお申込みいただいた方には、当日会場でお渡しいたします。
  研修テキストを既にお持ちの方は、ご自身のものをご持参ください。
・受講票(メールを印刷したもの)
・筆記用具
受講料 各回22,500円【研修テキスト代込】(税込)
※研修テキスト「建築プロデュース」(市ヶ谷出版社)を既にお持ちの場合は、各回21,000円(税込)
講 師 中城康彦(明海大学 不動産学部長/一級建築士・不動産鑑定士)
建築設計事務所、不動産鑑定業者、米国不動産投資会社を経て、1992年建築設計・不動産鑑定評価・不動産コンサルティング会社を設立し代表取締役に就任。1996年明海大学不動産学部に着任し、2012年より現職。
不動産流通推進センター発行の「月刊不動産フォーラム21」等の執筆のほか、不動産エバリュエーション専門士認定コースの講師も務められ、不動産実務に精通したわかりやすい解説に定評があります。公認 不動産コンサルティングマスターの育成に様々な形で協力いただき、業界の発展に尽力していただいています。

締め切りました。

本講座は、「公認 不動産コンサルティングマスター認定」の有効期間内に1回受講することで、不動産コンサルティング技能登録の更新要件の一つを満たしたと認められる講座です。
※遅刻・中抜け・途中退席をされた場合は、更新要件としてカウントされません。
<認定証の有効期限が既に切れている方へ>
更新する年度内に更新要件を2つ充足する必要があります。
更新申請手続き、その他の更新要件についてはこちらのページをご確認ください。

◆お問い合わせ先:コンサルティング特別講座係(TEL 03-5843-2079 平日11:00~15:00 / 土・日・祝・毎月第1・3金曜を除く)

ページトップへ


2019年実施

不動産コンサルティングの勘所

~フレームワークを活用して、意思決定してもらえる提案書を作ろう~
【東京】令和元年8月21日(水)

不動産業務と不動産コンサルティング業務は似ているものの、アプローチが全く異なります。不動産コンサルティングは依頼者の立場に立って最良の方法を助言するところに特徴があります。

ただし、残念ながら最良の方法を提案しているつもりが、採用されず見送られてしまうこともしばしばあります。その原因は、依頼者のウォンツを外したり、真の問題点を外しているからです。依頼者の心をつかみ、採用される提案をするためには、思考の深さが必要となります。

本講座は、経営コンサルタントが駆使しているフレームワークを活用し、思考の枠組みの中で最適解を導く方法を身につける事により、コンサルの質を高めていく事を目的とした講座です。ケーススタディーとディスカッションを通じて、勘所を体験してもらうことで、実務の中で実践できるスキルが身に付きます。

更新要件についての記載

本講座は、「公認 不動産コンサルティングマスター認定」の有効期間内に1回受講することで、不動産コンサルティング技能登録の更新要件の一つを満たしたと認められる講座です。
※遅刻・中抜け・途中退席をされた場合は、更新要件としてカウントされません。

<認定証の有効期限が既に切れている方へ>

更新する年度内に更新要件を2つ充足する必要があります。
更新申請手続き、その他の更新要件についてはこちらのページをご確認ください。

講師:福田 郁雄 氏 
(株式会社福田財産コンサル 代表取締役)

ミサワホーム株式会社・アパマンショップを経て、
2004年6月に不動産資産家向けの資産コンサル会社「株式会社福田財産コンサル」を設立。
総額1200億円を超える豊富な財産コンサルティングの経験を活かし、資産を守り・増やし・活かすために、相続対策・不動産投資・最適資産設計のアドバイスをされています。 コンサルティング業務の傍ら、公認 不動産コンサルティングマスターの育成に様々な形で協力いただき、業界の発展に尽力していただいています。

☆ 実 施 概 要 ☆
日 時 令和元年8月21日(水)
受付開始 :9時30分
講  義 :10時00分~17時00分
会 場 中央大学 駿河台記念館 6階 610号
(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
JR中央・総武線 御茶ノ水駅下車、徒歩約3分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅下車、徒歩約6分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B1出口)、徒歩約3分
都営地下鉄新宿線 小川町駅下車(B5出口)、徒歩約5分
受講資格 「公認 不動産コンサルティングマスター認定証」(旧技能登録証)を保有している方(有効期限が切れている方も含みます)
受講料 21,000円(税込)
受講料
振込み期日
8月14日(水) 8月20日(火)13:00
公認 不動産コンサルティングマスター
更新要件について
本講座は、「公認 不動産コンサルティングマスター認定」の有効期間内に
1回受講することで、不動産コンサルティング技能登録の更新要件の一つを
満たしたと認められる講座です。
※遅刻・中抜け・途中退席をされた場合は、更新要件としてカウントされません。

<認定証の有効期限が既に切れている方へ>

更新する年度内に更新要件を2つ充足する必要があります。
更新申請手続き、その他の更新要件についてはこちらのページをご確認ください。

締め切りました。

◆お問い合わせ先:コンサルティング特別講座係(TEL 03-5843-2079 平日11:00~15:00 / 土・日・祝・毎月第一金曜を除く)

ページトップへ


企画見積書作成の考え方 入門

~不動産コンサルティング業務の初動について考える~
【東京】平成31年3月20日(水)

好評につき、定期開催している講座となります

お客様から不動産の有効活用について相談を受けました。
「貴方なら、受注に向けて自らの行動をどうプランニングし、アクションしますか?」

お客様の事情、物件の状況などにより、方法は何通りもあるでしょう。

しかし、どのようなケースにも共通するのは、お客様の話をよく聞き、ニーズを明確にしたうえで、適切な方向性と業務内容について提案説明し、納得感のあるコンサルフィーの見積もりを示すことから始めます。

この講座は、グループディスカッションと他グループへのプレゼンテーションと講義を通じて、不動産コンサルティング業務の初動について考え、企画見積書やコンサルフィーについての考え方を再発見し、自らの業務受注に繋げていただくことを目的としています。

※事前学習用資料あり。申込者には別途ご連絡します。

講師:石垣 雄一郎 氏
(ダンコンサルティング株式会社)

不動産戦略コンサルタント/税理士。不動産サービス会社での営業経験を生かし、現在、不動産・相続を中心とした不動産戦略コンサルティング業務を行っている。企業向けセミナーの他、公認 不動産コンサルティングマスター相続対策専門士 勉強会の講師も務めている。
最近の著書は、「問題解決のための民事信託活用法-不動産有効活用、相続対策、後継者育成・事業承継対策、空き家対策等の視点から-(新日本法規)」。

東京開催について
☆ 実 施 概 要 ☆
日 時 平成31年3月20日(水)
受付開始 :9時30分
講  義 :10時00分~17時00分
会 場 主婦プラザエフ カトレア
(東京都千代田区六番町15)
JR「四ツ谷駅」麹町口 徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線「四ツ谷駅」1番出口 徒歩3分
東京メトロ南北線「四ツ谷駅」3番出口 徒歩3分
受講資格 「公認 不動産コンサルティングマスター認定証」(旧技能登録証)を保有している方(有効期限が切れている方も含みます)
受講料 20,000円(税込)
公認 不動産コンサルティングマスター更新要件について 本講座は、「公認 不動産コンサルティングマスター認定」の有効期間内に
1回受講することで、不動産コンサルティング技能登録の更新要件の一つを
満たしたと認められる講座です。
※遅刻・中抜け・途中退席をされた場合は、更新要件としてカウントされません。

★当資格の有効期限が平成31年3月31日の方で、既に手続きが完了された方、または、既に更新要件を充足された方については、本講座は、次回(平成31年4月1日~平成36年3月31日)の更新要件としてカウントされません。平成31年4月1日~平成36年3月31日の期間に受講される講座が次回の更新要件なります。

<認定証の有効期限が既に切れている方へ>

更新する年度内に更新要件を2つ充足する必要があります。

更新申請手続き、その他の更新要件についてはこちらのページをご確認ください。

締め切りました。

◆お問い合わせ先:コンサルティング特別講座係(TEL 03-5843-2079 平日11:00~15:00 / 土・日・祝・毎月第一金曜を除く)


ページトップへ