HOME > 資格・講習 > 相続対策専門士コース

資格・講習

相続対策専門士コース

公認 不動産コンサルティングマスターを対象とする講座です。不動産コンサルティングの主要分野をテーマに、プロ中のプロを目指す方の研鑽の場を提供します。

2013_修了者
[相続対策専門士]コースを修了し、「公認 不動産コンサルティングマスター 相続対策専門士」と認定された方を掲載しています。

相続対策専門士コース

マスター限定
[相続対策専門士] コース2021
相続案件のプロを目指す公認 不動産コンサルティングマスターのための連続3日間の集中講座
【大阪】令和3年2月9日[火]・10日[水]・11日[木・祝] 会場:ツイン21MIDタワー
【東京】令和3年3月1日[月]・2日[火]・3日[水] 会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター

この講座を受講いただくには、事前に別途開催する「プレ講座(相続)」
大阪:令和3年1月19日(火) TKP大阪本町カンファレンスセンター(開催中止)、東京:令和3年2月15日(月) AP市ヶ谷 各日10:00〜17:00)の受講が原則必要です。また、本年度はプレ講座の受講に代えて、動画視聴(約3時間)による自宅学習の方法も取り入れます。



相続税の課税強化や相続法の改正など、少子高齢社会の進展にともなう、相続に関する環境変化が争族や納税など漠然とした不安を資産家だけでなく一般にまでもたらしています。

それぞれ、課題とするポイントは違いますが、当事者がわからない不安や課題をワンストップで解決に結びつける技能を備えた専門家が必要とされています。
相続対策専門士コースは、顧客のニーズを把握し、解決に導くための提案能力を備えるための講座です。(講座の詳細は、下記のカリキュラムをご覧ください。)

2021年の[相続対策専門士]コースでは、新型コロナウイルス感染症対策に配慮し、グループディスカッションは行わないこととし、個人ワークでの課題研究により集中的に専門力を深めていただきます。

相続対策専門士の認定制度について

★受講者の声

・最近の相続対策の流れが理解できた。
・ボリュームがありましたが内容も分かりやすかった。
・全体に講師陣の講義の内容はレベル高く受講して良かった。
・税法改正の捉え方の論理が斬新であった。
・今後の方向性等コンサルティングに必要な知識が得られて良かった。
・ポイントに於ける判例(事例)の説明が適切であった。
・実務に即して、コンサルタントとして何を重視すべきかを知ることができた。
(相続対策専門士コース2020 受講者アンケートより抜粋)

認定者の特典

・[相続対策専門士]の名称を名刺・自社ホームページ等で使用していただけます。
・ 当センターホームページにお名前・お顔写真を掲載します。
・「不動産マスター検索サービス」の表示項目に追加します。
・ 業務に役立つ情報を提供します。
・ 相続対策に関する勉強会等へご参加頂けます。
・「相続相談会」の相談員をお願いする場合があります。

* 継続して名称を使用するためには、毎年12月に課される要件をクリアして更新することが必要となります。
 尚、相続対策専門士に認定された方は、不動産マスター検索サービスにおいて詳細画面を原則公開していただくものといたします。

【表1】 【相続対策専門士】コース2021 受講資格
講座申込時点において、有効な「公認 不動産コンサルティングマスター認定証」を保有し以下のいずれかの条件を満たしている方
1.「プレ講座(集合研修)2/15東京開催予定」を受講すること(下記【表2】を参照)。
*大阪のプレ講座は中止となりましたので、以下2.の動画版をご受講ください。
2.「プレ講座(動画版)1月または2月の視聴期間を選択可」を受講すること(下記【表3】を参照)。
3.上記1.または2.のプレ講座受講に代えて、課題レポートを提出し審査を通ること。
課題レポートの内容
「受講者自身が、実務で取り扱った相続対策案件について」
単に相続物件の売買に携わっただけでは不可。顧客から相続対策の相談を受け、提案を行い、成果を導いたという一連の業務の流れを取り扱った実績をレポートにまとめていただきます。
レポートの提出書式の詳細については、下記PDFをご確認ください。
レポートの提出形式について
【表2】 1.プレ講座(集合研修) 大阪と東京で開催
相続対策専門士コース2021を受講するために必要な基本的知識を学んでいただく1日講座
講座内容 ・相続法・相続税の基本、相続税の試算、保険の活用
・ROA分析と活用、事例研究(個人ワーク)
受講料 10,000円(税込)
講師
表5参照
◆山本 英生 氏(山本英生税理士事務所 税理士 1級ファイナンシャルプランナー/CFP)
◆佐藤 雄樹氏(㈱Next BRANDING代表取締役、公認 不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士・不動産エバリュエーション専門士)・(一社)東京都相続相談センター 理事)
日 時 【大阪】1月19日[火](開催中止)
講義:10:00~17:00(受付開始:9:30)
【東京】2月15日[月](受付終了)
講義:10:00~17:00(受付開始:9:30)
会 場 TKP大阪本町カンファレンスセンター3階 ホール3A
(大阪府大阪市中央区久太郎町3-5-19 大阪DICビル 3F)
AP市ヶ谷7階 Bルーム(千代田区五番町1-10)
大阪メトロ 御堂筋線/中央線/四つ橋線
「本町」駅 12番出口 徒歩1分
JR線「市ヶ谷」駅 徒歩1分
東京メトロ有楽町線/南北線「市ヶ谷」駅
2番出口 徒歩1分
都営新宿線「市ヶ谷」駅 徒歩1分
申込み締切 【大阪】1月13日(水)17:00 【東京】2月9日(火)
【表3】 2.プレ講座(動画編) 2回実施
相続対策専門士コース2021を受講するために必要な基本的知識を学んでいただく動画講座
講座内容 相続法・相続税法の確認
受講料 10,000円(税込)
講師 ◆山本 英生 氏(山本英生税理士事務所 税理士 1級ファイナンシャルプランナー/CFP)
受講方式 Web上で動画を視聴後、確認テストに解答する方式。
動画視聴
可能期間
【Ⅰ】1月15日(金)~2月2日(火)
(受付終了)
【Ⅱ】2月9日(火)~2月26日(金)
(受付終了)
上記視聴期間【Ⅰ】・【Ⅱ】は同じ内容ですので、どちらかの期間を選択してください。
申込み締切 【Ⅰ】1月20日(水)17:00 【Ⅱ】2月12日(金)17:00
【表4】 【相続対策専門士】コース2021 実施概要
受講資格 上記【表1】を参照
講座内容
(予定)
1日目:今後を見通す、求められる相続法の知識、事例研究
2日目:求められる相続税の知識、事例研究(資産管理・承継に関する各種制度の活用/プライベートカンパニーの活用)
3日目:相続相談のアプローチ法、資産組み換え、信託活用、個人ワーク、修了試験
講師
表5参照
◆塩見 哲氏[ダンコンサルティング(株)代表取締役]
◆吉田 修平氏[吉田修平法律事務所 代表弁護士]
◆後 宏治氏[税理士法人UAP/パートナー公認会計士・税理士]
◆芳屋 昌治氏[エスディ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 CEO、プロサーチ株式会社 代表取締役会長、家族信託普及協会 代表理事]
受講料 63,000円(税込)
日 時 【大阪】2月9日[火]・10日[水]・11日[木・祝]
受付開始:9:30
講義:10:00~17:30[各日とも]
【東京】3月1日[月]・2日[火]・3日[水]
受付開始:9:30 (満席につき受付終了)
講義:10:00~17:30[各日とも]
上記、連続3日間コースは同じカリキュラムです。受講される場合はどちらかの日程をお選びください。
会 場 ツイン21 MIDタワー
20階 9会議室
(大阪市中央区城見2-1-61)
TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
6階 ホール6A
(新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル)
JR大阪環状線、JR東西線「京橋」駅 徒歩5分
京阪本線「京橋」駅 徒歩5分
地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」駅 4番出口 徒歩1分
JR総武線「市ケ谷」駅 徒歩2分
東京メトロ南北線/有楽町線「市ケ谷」駅 7番出口 徒歩1分
都営新宿線「市ケ谷」駅 4番出口 徒歩2分
※A4出口ではないので注意。
申込みから
受講までの流れ
1.プレ講座(集合研修)を受講する場合
東京 申込み受講料の支払い受講票発送受講(テキスト会場配布) → 3日連続コース受講
2.プレ講座(動画編)を受講する場合
1月or2月 申込み受講料の支払い受講方法案内・テキスト発送受講開始 → 3日連続コース受講
3.課題レポートを提出する場合
申込みレポート提出レポート承認・受講料入金案内受講料の支払い受講票・テキスト発送 → 3日連続コース受講

(注)受講料のお支払いが講座の直前となった場合、テキストは当日会場受付でお渡しします。
修了者発表 2021年3月末(予定)

※ この講座は、「公認 不動産コンサルティングマスター認定証」の更新に係る講座ではありません。
※ 各講座の申込み締切日に記載に関わらず、定員となり次第受付を終了させていただきます。

下記の3パターンの申込みボタンのいずれか1つからお申込みください。

プレ講座+【大阪】3日連続コース
申込(受付終了)
プレ講座+【東京】3日連続コース
申込(受付終了)
課題レポート提出+【東京】3日連続コース申込(受付終了)

新型コロナウイルス感染症対策について下記の通り実施してまいります。
ご受講に際しましては、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症対策について

講師紹介




 

◆山本 英生 氏(山本英生税理士事務所 税理士 1級ファイナンシャルプランナー/CFP)
FPとして26年間 生命保険会社勤務を経て現職。全国でのセミナーは1,000回以上、生命保険を活用した相続対策などを指導。
厚生労働省 ファイナンシャルプランニング技能検定 検定委員
NPO法人 日本ファイナンシャルプランナーズ協会 理事
社団法人 金融財政事情研究会 FP技能士セミナー 運営委員
通達から読み解く保険税務 保険税務Q&A(共著)(税務研究会)
すぐに使える そうぞく対策と生命保険活用術(きんざい) など
◆佐藤 雄樹氏(㈱Next BRANDING代表取締役、公認 不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士・不動産エバリュエーション専門士)・(一社)東京都相続相談センター 理事)
財閥系不動産仲介会社にて約6年半の間、上場企業や富裕層向けの不動産コンサルティングサービスをはじめ、会社更生、民事再生、破産等、私的整理等の不良債権処理に従事。その後、独立系の不動産会社にて従来の事業用不動産だけでなく、建売、マンション開発等の知識を習得。2011年、株式会社brandsを設立。2020年 相続コンサルティング専門会社である株式会社Next BRANDINGを設立。
・平成26年度不動産コンサルティングマスター相続対策専門士・不動産有効活用専門士成功事例発表会 「民事信託の実務と課題」
・平成29年度不動産コンサルティングマスター事例発表会
相続対策部門最優秀賞「相続税制と時流を味方につけた相続コンサルティング!」










 

◆塩見 哲氏[ダンコンサルティング(株)代表取締役]
税理士/経営戦略コンサルタント/建築企画プロデューサー。各地の不動産コンサルティング地方協議会が実施している「専門教育」の講師、当センター編集の月刊誌『不動産フォーラム21』の執筆などで活躍中。
◆吉田 修平氏[吉田修平法律事務所 代表弁護士]
定期借家権、終身借家権の立法、担保執行制度の改正などに関わり、中間省略登記の代替え手段の考案等、不動産を得意分野とする。 また、各省庁の委員会委員や大学での教鞭、各種団体の役員など多方面で活躍。著書:『民法改正と不動産取引』『2016年改正 新しいマンション標準管理規約』『民法改正と不動産取引』『相続法改正の具体的対策はこれだ! 実務の見直しポイント全解説』ほか多数。
◆後 宏治氏[税理士法人UAP/パートナー公認会計士・税理士]
平成4年公認会計士登録、平成7年税理士登録。会計事務所にて資産税を中心としたコンサルティング業務に従事し、平成15年にユナイテッド アカウンティング パートナーズ パートナー就任。平成18年7月に税理士法人UAP代表社員就任。中小企業庁「信託を活用した中小企業の事業継続円滑化に関する研究会」委員就任。著書:『詳解 信託の税務』『守りから攻めへの相続対策実務Q&A』『「新事業承継対策シリーズ1 自社株(金庫株・譲渡制限株式)の上手な承継法』ほか多数。
◆芳屋 昌治氏[エスディ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 CEO、プロサーチ株式会社 代表取締役会長、家族信託普及協会 代表理事]
公認 不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)/CFP/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/相続診断士®/宅地建物取引士/世界遺産検定2級
2004年プロサーチ株式会社を設立。これまで1000件以上の不動産相続案件に携わる。
2014年に『一般社団法人家族信託普及協会』を設立し、代表理事に就任。
2016年、エスディ・ジャパン株式会社設立。 低価格100円をベースに安全な飲料を自動販売機で販売し、地域の発展にも貢献してきた。

ページトップへ