宅建マイスター
認定試験

ホーム > 講座・教材
講座・教材

宅建マイスターへの道

本気にならなければ受からない試験です。
集中講座の受講をおすすめします。

講座のご案内

宅建マイスター
集中講座STEP1
マイスターになるための基本的思考法(1日)
宅建マイスターの学び方を知る(内在リスクの各論を学ぶ)

~インプット講座~
宅建士として、さらなるスキルアップを目指し、宅建マイスター認定試験の受験を検討されている方向けの講座です。
宅建マイスターの思考回路に必要な顧客へのスタンスと基本的知識を学んでいきます。
不動産取引の流れを「取引の構成要素」として論理的に捉え、個々に内在するリスク要因を法的視点、調査ポイント、現場実務の視点で解明していきます。
認定試験に向けてどんな勉強をすればいいのかとともに、現場実務での安全安心な取引の実現にも、大いに役立つ講座内容です。
宅建マイスター資格取得後の勉強会やセミナー、特典等についても紹介します。

宅建マイスター集中講座STEP1 カリキュラム
宅建マイスター集中講座
STEP1 カリキュラム

  9:50 ガイダンス

10:00(講義開始)
Ⅰ.宅建マイスター認定資格とは
 1. 宅建マイスターとは
  不動産流通業における宅建マイスターの役割/CSの重要性/取引の構成要素の理解
  宅建マイスターの倫理規定とコンプライアンス 等
 2. 宅建マイスターに求められる能力
 3. 倫理規定とコンプライアンス

10:30
Ⅱ.「取引の構成要素」に内在するリスクの基礎知識
 1.権利の主体(ヒト)
  ⑴ 自然人との取引に内在するリスクを予見する
   意思能力の有無/制限行為能力/表見代理(代理に内在するリスク)/
   制限行為能力者とは/成年後見制度の利用状況 等

  ⑵ 法人の事業継続に内在するリスクを予見する
   法人の意思決定プロセスと内在リスク/登記事項証明書(商業登記簿)/
   代表取締役の権限/詐害行為取消権/利益相反行為   等

11:30
 2.取引に係る重要法令
  ⑴ 民法
   契約不適合責任/債務不履行による損害賠償と帰責事由/
   債務不履行による契約解除と帰責事由
  ⑵ 消費者契約法
  ⑶ 品確法  等

13:20
 3.目的物(目的物 その1)
  ⑴目的物に付着する権利
   根抵当権の元本確定/仮登記(所有権移転仮登記、所有権移転請求権仮登記、
   抵当権設定仮登記等)/差押登記・参加差押登記/仮差押登記/仮処分登記/
   目的物に付着する権利の消除と売買代金の流れ  等

14:20
 4. 目的物に係る法令上の制限(目的物 その2)
  都市計画法(開発許可制度・市街化調整区域における開発行為/
  都市再生特別措置法(立地適正化計画・居住誘導区域・都市機能誘導区域)/
  廃棄物処理法/文化財保護法 等

15:20
 5. 目的物の品質
  土壌汚染/地中障害物/検査済証の無い建築物/既存不適格建築物/違反建築物 等

16:20
 6. 自然災害と目的物
  災害危険区域/建築基準法施行令38条(基礎)/建設省告示第1347号
  (建築物の基礎の構造及び構造計算の基準を定める件)/宅地造成等規制法/
  災害対策基本法/土砂災害関連法令/水害関連法令/擁壁   等

17:00 終了

※進行スケジュール、内容は予定となっております。進行状況等によって変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

詳細・申込みはコチラ
宅建マイスター
集中講座STEP2
認定試験に役立つ事例エクササイズ(半日)
宅建マイスターの思考回路をつくる

~アウトプット講座~
実際の取引事例を題材に、物件を見る視点から内在リスクを予見する思考、調査の方法、顧客への説明まで宅建マイスターの思考回路を学びます。
エクササイズを通して、宅建マイスターに求められる取引に潜む内在リスクを予見するための論理的思考力を磨いていきます。
集中して勉強することで“宅建マイスターの思考回路”が養うことができる、効率的な講座です。

宅建マイスター集中講座STEP2 カリキュラム
宅建マイスター集中講座
STEP2 カリキュラム

12:50 ガイダンス

13:00(講義開始)
Ⅰ.宅建マイスターとは何か・期待される役割(P2第1編第1章・P6第2章)
 1.不動産流通業における宅建マイスターの役割(P2)
 2.CSの重要性(P6)

Ⅱ.宅建マイスターに求められる能力(P8第1編第3章)

Ⅲ.内在するリスクの俯瞰(P14第1編第4章)
 1.マトリックス表の説明
 2.過去問で出題された内在するリスクの確認

Ⅳ.権利の主体
 1.自然人との取引に内在するリスク
  意思能力/制限行為能力者/成年後見制度/表見代理 等
  【設定事例検討と解説】

 2.法人との取引に内在するリスク
  法人の意思決定プロセス/登記事項証明書/経営状況資料/取締役会・株主総会/
  利益相反行為/詐害行為取消権 等
  【設定事例検討と解説】

Ⅴ.自然災害と目的物
 1.自然災害に対して宅建マイスターはどのように取り組むか
   自然災害と内在するリスク/自然的素因と社会的素因/都市災害/日本の国土の特色と自然災害

 2.自然災害に関連する法令
   自然災害全般に関する法律
   災害対策基本法/都市計画法/都市再生特別措置法/建築基準法/宅地造成等規制法
   個別の自然災害に対応した法律
   土砂災害と浸水被害/地震と津波
  【設定事例検討と解説】

 3.内在するリスクに気づく目を持つ
   地形と地盤から自然災害を予測する/地図を読み取る/ハザードマップ の活用
   【設定事例検討と解説】

17:00 終了

※進行スケジュール、内容は予定となっております。進行状況等によって変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

詳細・申込みはコチラ
宅建マイスター
集中講座 WEB動画版
集合研修型STEP1・STEP2を動画講義として凝縮
いつでもどこでも繰り返し学習できる

上記STEP1とSTEP2の講義を新たに撮りおろして、各講義のポイントを凝縮したWEB視聴型の講義です。「集合型に参加したいけれどできない」「集合型に出たが、再度復習したい」「好きな時間で勉強したい」とのお声に応えました。 場所や時間にとらわれず、繰り返し視聴できますので、ぜひ学習にお役立てください。

宅建マイスター集中講座 WEB動画版 動画内容(予定)
集中講座STEP1
インプット講座「取引の構成要素編」(視聴時間:約4時間)

内容(予定)

① 宅建マイスターとは

② 重要法令
民法/契約不適合責任・債務不履行による損害賠償請求と契約解除・消滅時効、宅建業法・消費者契約法・品確法による契約不適合責任 等

③ 権利の主体
自然人/意思無能力者・制限行為能力者・代理人・海外在住者・非居住者 等
法人/商業登記簿に内在するリスク・法人の意思決定プロセス・代表取締役の行為と取締役会決議・利益相反・詐害行為取消権 等

④ 目的物に付着する権利
根抵当権元本確定事由/仮登記/差押/参加差押/譲渡担保 等

⑤ 自然災害と目的物
災害対策基本法/都市計画法/都市再生特別措置法/建築基準法/宅地造成等規正法/土砂災害と浸水被害/地震と津波/地形と地盤から自然災害を予測する/地図を読み取る/ハザードマップの活用 等



集中講座STEP2
アウトプット講座「事例解説編」(視聴時間:約2時間)

内容(予定)

① 重要法令・権利の主体:設定事例と解説

② 自然災害と目的物  :設定事例と解説

詳細・申込みはコチラ

教材のご案内

宅建マイスターの思考を、独学で学ぶことも可能です。
宅建マイスターガイダンス改訂版
宅建マイスターガイダンス改訂版

宅建マイスターに求められる能力・資質などの指針となる本書は、設定事例をもとに、取引に内在するリスクを予見し、的確に調査した上で、安心で安全な取引を成立させる具体的なアプローチ方法を身につけることの手助けとなる一冊です。

購入はこちら

 

ガイダンスの事例「宅建マイスターの思考に挑戦」
※宅建マイスター講座をご受講の方は受講料に含まれていますので、ご購入の必要はございません。
「内在リスクのマトリクス表」

CLOSE
〈 お問い合わせ先 〉
認定試験、講座、学習方法に関する
電話相談受付中!
TEL. 03-5843-2078
11:00〜15:00 土・日・祝、毎⽉第一/第三金曜休
※当⾯の間、上記の受付時間となります。予めご了承ください。
※担当が不在の場合は折り返しご連絡させていただきます。
MAIL meister@retpc.jp