HOME > カテゴリー '不動産相談'

不動産相談

相談事例一覧(不動産相談) 2015年

10月

市街化調整区域内の既存住宅解体後の更地売買の可否等 1510-B-0203

08月

少額手付が解約手付と認められる限度額 1508-B-0202
建物の傾斜による瑕疵担保責任の有無の判断とその対応の是非 1508-B-0201
売買の媒介における埋設管の調査義務の範囲と望ましい事後対応 1508-B-0200
敷金の償却特約(敷引特約)と原状回復費用との関係 1508-R-0150
建物賃貸借契約におけるフリーレント期間満了時の解約申入れとフリーレント特約の有効性 1508-R-0149

06月

経年劣化によるものを除くという瑕疵担保免責特約の有効性等 1506-B-0199
買主の違約に伴う売主からの違約金の請求と手付没収の可否 1506-B-0198
取締役による自社物件の簿価での購入と利益相反取引の成立いかん 1506-B-0197
建物賃貸借契約における加害者不明事故に対する修繕義務の帰属 1506-R-0148
倒産の噂のあるサブリース業者の転貸物件を媒介する際の留意点 1506-R-0147

04月

共有持分に抵当権が設定された賃貸物件の重要事項説明等 1504-R-0146
保証人付建物賃貸借契約における賃借権の譲渡と保証債務の随伴性 1504-R-0145
他人の私道の通行・掘削承諾の取付け義務と承諾請求権の有無 1504-B-0196
相続物件の売却に伴う遺産分割協議書の存在と遺言書の関係 1504-B-0195
抵当権の仮登記付賃貸マンションの媒介時の重要事項説明 1504-B-0194

02月

借地人が汚染させた土地の借地人への売却と売主の瑕疵担保責任 1502-B-0193
買戻し特約付物件の売却の可否と留意点 1502-B-0192
売買における固定資産税等の分担合意のための起算日変更等の可否 1502-B-0191
敷金清算合意直後の原状回復工事前の売却と敷金返還請求の可否 1502-R-0144
借地権譲渡の承諾の意味、条件と承諾料との関係 1502-R-0143

12月

賃貸借における遅延損害金の利率の根拠いかん 1412-R-0142
滞納賃料の有料督促等の業務と非弁行為 1412-R-0141
タウンハウス(木造マンション)の戸別建替え法と区分所有法 1412-B-0190
個人間売買における中間金解除特約の有効性と業法47条との関係 1412-B-0189

10月

ペット飼育禁止特約がない場合のペット飼育トラブルの対応 1410-R-0140
自動更新条項と解約申入れ条項の優劣 1410-R-0139
中古マンションの設備の経年劣化と瑕疵担保責任との関係 1410-B-0187
分譲地内での建築に伴う位置指定道路の掘削承諾料の要否 1410-B-0186
クーリングオフの適用の有無等に関する取引上の諸問題 1410-B-0185

08月

建物賃貸借契約における鍵の取替え費用の負担とそれに伴う問題点 1408-R-0138
業者間売買における「付帯設備」の瑕疵担保責任 1408-B-0184
借地人の借地の返還に伴う諸問題 1408-R-0137
いわゆる持回り契約の問題点と代理契約における諸問題 1408-B-0183
成人した入居者(学生)からの解約申入れの有効性 1408-R-0136

06月

宅地建物の「青田売り」の定義と外構工事との関係 1406-B-0182
買主が契約を無条件解除できない買い換え特約の問題点とその対応 1406-B-0181
汚染土地における瑕疵担保責任免責特約の有効性いかん 1406-B-0180
賃料滞納者からの入金とその弁済充当および遅延利息の金利問題 1406-R-0135
居住用定期建物賃貸借契約の再契約における条件変更内容の是非 1406-R-0134

04月

市街化調整区域内の条例による開発可能区域指定等開発許可に関する基礎知識 1404-B-0179
宅建業者である法人とその代表者である個人が共有する不動産を売却する場合の瑕疵担保責任等に関する諸問題 1404-B-0178
平成23年の更新料裁判における最高裁の判決の趣旨と法定更新の場合の更新料請求との関係 1404-R-0133
建物賃貸借契約における修繕特約とそのトラブル防止法 1404-R-0132
保留地予定地の転売とその法律上の諸問題 1404-B-0177

02月

建築工事請負契約における工事中の契約解除と土地の原状回復義務 1402-B-0176
過去に自殺のあった土地における建売住宅の分譲方法 1402-B-0175
2年更新の賃貸借契約における1年間だけの更新の申し出と更新料の取扱い 1402-R-0131
建物賃貸借契約における更新時の収入証明書の徴求の可否 1402-R-0130
短期間での明渡しの場合のいわゆる原状回復費用の全額負担の是非 1402-R-0129

当センターでは、不動産取引に関するご相談を
電話にて無料で受け付けています。

専用電話:03-5843-208110:00~16:00(土日祝、年末年始 除く)

相談内容:不動産取引に関する相談(消費者、不動産業者等のご相談に応じます)

<ご注意>
◎ たいへん多くの方からご相談を受け付けており、通話中の場合があります。ご了承ください。
◎ ご相談・ご質問は、簡潔にお願いします。
◎ 既に訴訟になっている事案については、原則ご相談をお受けできません。ご担当の弁護士等と協議してください。

ホームページに掲載しています不動産相談事例の「回答」「参照条文」「参照判例」「監修者のコメント」は、改正民法(令和2年4月1日施行)に依らず、旧民法で表示されているものが含まれております。適宜、改正民法を参照または読み替えていただくようお願いいたします。

更に詳しい相談を希望される方は、
当センター認定の全国の資格保有者へ

不動産のプロフェッショナル

過去の事例(年別)

  • 賃貸
  • 売買

ページトップへ

archive