HOME > 不動産相談 > カテゴリー '売買'

不動産相談

相談事例一覧(売買) 2019年

12月

地域住民組織である自治会への加入義務の有無 1912-B-0269
農地を農転と開発の許可条件付で宅建業者が取得する場合の宅建業法第36条の適用の有無とその法的根拠 1912-B-0268
他人の私道に接している物件の通行権の有無と通行承諾の承継方法 1912-B-0267

10月

管理費等の負担額を区分所有者の属性や使用目的で差異を設けることの適否。 1910-B-0266
宅建業者が売主となる売買契約における手付なし契約の問題点 1910-B-0265

08月

区分所有建物の専有部分が共有となっている場合、支払義務のある管理費等は、不可分債務か否か。 1908-B-0264
水道局での調査と異なる引込管が埋設されていた場合の責任の所在 1908-B-0263
売主の瑕疵担保責任に関する売主からの契約解除の可否 1908-B-0262

06月

売買契約書に記載されていなかった消費税課税対象物件の消費税等相当額を売買価額とは別途に授受することはできるか 1906-B-0261
建売業者の古家付土地取得の際の塀の越境と瑕疵担保責任の範囲 1906-B-0260

04月

宅建業者が業務で作成、使用した取引関連書類の保存期間 1904-B-0259
買主の返済能力を超える融資承認条件の場合におけるローン特約適用による売買契約解除の可否 1904-B-0258
「墓地」に近接する取引物件の調査義務の範囲 1904-B-0257

02月

売主が消費税課税業者の場合、建物分の固定資産税等清算金に消費税が課税される根拠 1902-B-0256
隣地使用権とは何か 1902-B-0255

当センターでは、不動産取引に関するご相談を
電話にて無料で受け付けています。

専用電話:03-5843-208111:00〜15:00(土日祝、年末年始 除く)

相談内容:不動産取引に関する相談(消費者、不動産業者等のご相談に応じます)

ホームページに掲載しています不動産相談事例の「回答」「参照条文」「参照判例」「監修者のコメント」は、改正民法(令和2年4月1日施行)に依らず、旧民法で表示されているものが含まれております。適宜、改正民法を参照または読み替えていただくようお願いいたします。

更に詳しい相談を希望される方は、
当センター認定の全国の資格保有者へ

不動産のプロフェッショナル

過去の事例(年別)

  • 賃貸
  • 売買

ページトップへ