HOME > 公益財団法人 不動産流通推進センター認定資格 > 公認 不動産コンサルティングマスター > 勉強会・イベントレポート > 令和元年8月28日 相続対策専門士「ケーススタディで学ぶプライベートカンパニーの活用法」勉強会開催報告

公益財団法人 不動産流通推進センター認定資格

令和元年8月28日 相続対策専門士「ケーススタディで学ぶプライベートカンパニーの活用法」勉強会開催報告

8月28日、税理士の後宏冶氏を講師に招き、プライベートカンパニーをテーマに勉強会を開催しました。法人課税の軽減、個人課税の強化という国家戦略を背景に、資産の管理や承継の場面で法人を活用するケースが増えていますが、実態やメリット・デメリットなどについて、1日かけてみっちり学習しました。

賃貸不動産を所有する個人について、現状のままとプライベートカンパニーを設立した場合について、具体的に電卓を使い収支を作成、比較したうえで、どのような効果が、どれだけあるかを具体的に確認しました。

また、株主や役員を誰にするか、本人の場合、子供の場合、どういう効果の違いがあるか、複数所有する賃貸物件のうち、どの物件を法人に移すべきかなどについて目的や効用を確認しながらディスカッションしました。活発な議論がなされ、大いに盛り上がり、講師が期待していた以上の発表もあり、皆さん満足されたようです。

次回は、9月19日に、不動産エバリュエーション専門士勉強会「建物の価値を見出す!コンバージョン事業化の実際!」を予定しています。コンバージョン物件の現地にて、事業にかかわったメンバーからそれぞれの課題やどのようにクリアしたかなどをお話しいただきます。

内容の確認、お申し込みは、マイページから。

ページトップへ