【過去問解説】第4回宅建マイスター認定試験(2020年1月29日実施)記述式問題

「宅建マイスター」は、取引に内在するリスクを予見し、想定されるリスクについて緻密かつ丁寧な調査を行い、重要事項説明書・契約書へ適切に反映することで、安心な取引を成立させる能力を有する宅地建物取引のプロフェッショナルです。

宅建マイスター認定試験はこちら
宅建マイスター関連講座はこちら

第3回宅建マイスター認定試験より、択一式問題は出題されなくなり、記述問題のみとなりました。



過去問冊子は、ページ下部のリンクからダウンロードできます。

1.問題




PDFでダウンロード PDF

2.別紙資料
PDFでダウンロード PDF

3.正解
PDFでダウンロード PDF

フォローアップカレッジ

入門研修割引コード

スキルアップ計画表

宅建アソシエイト

集合研修で学習

“スコアテキスト”PLUS+

不動産コンサルティング技能試験