フォローアップ研修

お客様の安心と安全な取引を確保するために、宅建業のプレーヤーの皆さんが明日からの業務に役立つ知識と見識のブラッシュアップと、取引に内在するリスクヘの対応のために、幅広い経験値を積み重ねていただく一助となるべくメニューを揃えた研修ラインナップです。
具体的には基礎講座、実践講座、強化講座とレベル別に講座を分け、さらに半日の集合教育メニューを数編ずつラインナップしていきます。

年間実施予定表 過去の実施内容はこちら

  不動産流通実務検定“スコア”の得点の目安
基礎講座 基礎を再確認したい。
部下の指導の参考にしたい。
~500点
実践講座 基礎はOK。実務を中心に学びたい。 500点~
強化講座 高度な専門性を磨きたい。
周辺業務を媒介業務につなげ、幅を広げたい。
600点~
チャレンジ講座 上級資格を目指したい 600点~

※不動産流通実務検定“スコア”の得点は目安です。より高得点を目指したい方、より深く学びたい方は、実践講座・強化講座のご受講をお薦めします。


研修をお得に受講できる「フォローアップカレッジ」制度を開始しました。


「フォローアッププログラム」にまだ登録されていない方へ当研修の受講をお申込みいただいた方は、研修修了後より当センターの教育プログラムサイト「フォローアッププログラム」をご利用いただけます。後日、ログイン情報をお送りいたします。

2018年11月2日更新

フォローアッププログラム基礎講座 登録実務講習フォローアップ特別研修

登録実務講習を終え、さらに理解を深めたい方向けの講座です。
復習に加え、賃貸、マンション、登記、建築、税金等のポイントを専門家が解説します。

<こんな方におすすめします>
・不動産流通推進センターの登録実務講習修了者 または 受講をお申込みの方
・宅地建物取引士として、もっと実務を学びたい方
・これから宅地建物取引士を目指す方
・他社が実施する宅建登録実務講習を受講された方

開催概要

日 時: 2019年3月12日(火)・13日(水)・20日(水)
講義:10時00分~17時20分(開場は9:40)
会 場: 3日間共通:日本教育会館 7階 中会議室(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
都営新宿線・三田線・東京メトロ半蔵門線「神保町駅」A1出口 徒歩3分
東京メトロ東西線「竹橋駅」北の丸公園側出口 徒歩5分
受講料: 「不動産流通推進センター実施の登録実務講習」を受講された方(平成31年登録実務講習をお申込みの方を含みます)の特別価格:各日 4,000円(税込)
通常価格:各日 8,000円(税込)

別途テキスト代 1,000円(3日間共通)
※テキスト(「平成31年版 媒介業務がよくわかる宅地建物取引業務の知識」)は、当日、会場でのお渡しです。
★以下の方は使用テキストを既にお持ちですので、受講料のみでご受講いただけます。当日ご持参ください。
不動産流通推進センターの平成31年登録実務講習受講者
「平成31年版 媒介業務がよくわかる宅地建物取引業務の知識」をお持ちの方

3月12日(火)
10:00~14:00 弁護士が説く「不動産売買契約書の逐条、借地借家法・区分所有建物法」
吉田 修平氏
講師:吉田 修平 氏(吉田修平法律事務所 代表弁護士)
定期借家権、終身借家権の立法、担保執行制度の改正などに関わり、中間省略登記の代替え手段の考案等、不動産を得意分野とする。 また、各省庁の委員会委員や大学での教鞭、各種団体の役員など多方面で活躍。
著書:『民法改正と不動産取引』『事例研究 民事法 第2版』『2016年改正 新しいマンション標準管理規約』ほか多数。
14:10~15:10 実務家が説く「賃貸物件調査、契約実務」
新井 基之氏
講師:新井 基之 氏(新井不動産(株)/不動産鑑定士)
りそな銀行 東京不動産鑑定室、東京不動産部を経て、‘04年より株式会社新井不動産入社。創業大正7年の同社の三代目として売買仲介業務のほか、賃貸仲介、土地管理、不動産鑑定業務、等価交換、定期借地など多角的な不動産コンサルティング業務を手掛ける。
15:20~17:20 実務家が説く「インスペクション・瑕疵保険・安心R住宅」
妹尾 和江氏
講師:妹尾 和江 氏(リジュネビルド株式会社 代表取締役)
’80年に不動産業を独立開業。それ以前に起業していた建設業とともに、以来37年、現場の第一線で働きながら会社経営に携わり現在に至る。’09年JSHI公認ホームインスペクター第1回の試験に合格。ホームインスペクション業務開始。それぞれの業界団体で長年、理事ならびに要職を歴任し2016年5月大阪府知事より表彰される。

3月13日(水)
10:00~12:00 建築士が説く「建物基礎と地盤」
中谷 龍海氏
講師:中谷 龍海 氏(アーキテン一級建築士事務所/一級建築士)
渡辺明次建築綜合研究室、古橋建築事務所を経て、‘86年アーキテン一級建築士事務所設立、現在に至る。推進センター発行の月刊不動産フォーラム21において連載多数。
13:00~14:30 土地家屋調査士が説く「登記・境界」(設定事例について受講生でディスカッションを行います)
遠山 昭雄氏
講師:遠山 昭雄 氏(司法書士法人・土地家屋調査士法人 遠山事務所 所長)
土地家屋調査士、再開発プランナー、マンション建替えアドバイザー。 ’73年登記手続きの遠山事務所を創設。大手法人の相談・研修や業界団体研修や大学の寄付講座の講師も行っている。
14:40~17:20 不動産鑑定士が説く「CS、調査実務、重説」
吉野 荘平氏
講師:北澤 秀樹 氏(北澤不動産コンサルティング 代表/不動産鑑定士)
三菱信託銀行㈱にて売買仲介、不動産の証券化、不動産保有会社のM&Aなど、不動産業務に従事。
2001年綜通㈱入社。CRE戦略の企画立案などに従事し、その後、常務取締役、常勤監査役を務め2015年退任。不動産鑑定士としても活躍中。
当センターの「宅建マイスター集中講座」の講師などを担当。

3月20日(水)
10:00~12:00 税理士が説く「不動産の税金」
山端 康幸氏
講師:山端 康幸 氏(税理士法人 東京シティ税理士事務所)
’73年明治大学経済学部卒業後、’81年やまはた康幸税理士事務所開設独立。’02年税理士法人東京シティ税理士事務所設立、代表社員を経て現在に至る。
相続税・マイホームの税金・アパートマンションオーナーの税金問題等を得意分野とする。著書に『贈与の手続きと節税がぜんぶわかる本』(あさ出版)他多数。
13:00~17:20 ベテラン実務家が導く「ディスカッションを通じて再確認する重説・契約と取引のチェックポイント」
藤崎 一弘氏
講師:藤崎 一弘 氏((株)FKプランニング/公認 不動産コンサルティングマスター)
三井のリハウス(現 三井不動産リアルティ)を経て‘05年 ㈱FKプランニング設立。不動産売買・仲介・調査・買取転売・不動産コンサルティング・建物調査(インスペクション)を実践。
(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会認定 既存住宅現況検査技術者(2級建築士)

お申込受付を締め切りました。


2019年02月28日更新

フォローアッププログラム 実践講座『インスペクション・瑕疵保険・安心R住宅と媒介業務 』

昨年4月から施行の改正宅建業法により「既存住宅状況調査(インスペクション)」に関する義務が業者に課されました。
ここで、改めてインスペクションの位置づけ、目的、内容、既存住宅売買瑕疵保険や安心R住宅制度との関連などについて整理するとともに、施行前から懸念されていた問題や想定されていなかった問題などの有無について、宅建業者とホームインスペクターとして最前線で活躍されている妹尾講師に解説いただきます。

開催概要

日 時: 2019年4月17日(水)
受付開始:12時30分
講  義:13時00分~16時45分

講義終了後、会場で講師とカレッジA会員・B会員のカレッジ2019開講記念 春の大交流会(参加費1,000円)を予定しています。
妹尾講師のほか、フォローアップ研修でご活躍の講師数名と、受講者の交流会です。
※交流会は研修のお申込みとあわせてお申込みいただき、参加費は事前のお支払いとなります。
※交流会のみのお申し込みは承っておりません。
会 場: AP市ヶ谷 Cルーム
東京都千代田区五番町1-10
JR線・有楽町線・南北線・都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩1分
受講料: 11,000円(税込)
講 師: 妹尾 和江氏(リジュネビルド株式会社 代表取締役/JSHI 公認ホームインスペクター、宅建マイスター・フェロー、公認 不動産コンサルティングマスター)
 
妹尾 和江氏

’80年に不動産業を独立開業。それ以前に起業していた建設業とともに、以来37年、現場の第一線で働きながら会社経営に携わり現在に至る。’09年JSHI公認ホームインスペクター第1回の試験に合格。ホームインスペクション業務開始。それぞれの業界団体で長年、理事ならびに要職を歴任し2016年5月大阪府知事より表彰される。

2019年02月28日更新

フォローアッププログラム基礎講座『地盤と基礎』

住宅など、建物を建てるには『良い地盤』を選ぶことが大切です。宅地開発が進むにつれて、沼地が埋め立てられたり、山間部や丘陵地が住宅地として切り開かれたり、工場跡地が住宅地として造成されることは少なくありません。
従って、地盤情報の調査方法や柱状図の見方など「地形や地盤」について、一定の知識を持つことは宅建業者にとって必須といえます。
この研修では、建築士の立場から、宅建業者に知っておいて欲しい地盤や建物基礎の基本事項について分かりやすく解説いただきます。

開催概要

日 時: 2019年4月24日(水)
受付開始:12時30分
講  義:13時00分~16時45分
会 場: 日本教育会館 中会議室(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
都営新宿線・三田線・東京メトロ半蔵門線「神保町駅」A1出口 徒歩3分
東京メトロ東西線「竹橋駅」北の丸公園側出口 徒歩5分
受講料: 11,000円(税込)
講 師: 中谷 龍海氏 (アーキテン一級建築士事務所 一級建築士)
 
中谷 龍海氏

’75年神奈川大学工学部建築学科卒業後、渡辺明次建築綜合研究室・古橋建築事務所を経て、’86年アーキテン一級建築士事務所設立、現在に至る。全国の温泉活用健康施設・民間温泉施設・オフィスビル・商業施設・博物館等の設計監理、リニューアルやまちづくりコンサル業務などを手掛ける。
推進センター発行の月刊不動産フォーラム21において連載多数。

2019年1月22日更新

フォローアッププログラム チャレンジ講座『宅建マイスターディスカッション講座~宅建マイスターに必要なものは何か?~』

3/5の開催は終了しました。次回開催は未定です。

不動産の取引は、環境・当事者・物件・条件など、ひとつとして同じものはありません。
そこで、取引士には、様々なリスクを予見し、調整していく能力が必須といえます。
「宅建マイスター」とは、取引士の中でも豊富な経験や知識に裏打ちされた様々な引き出しを備え駆使し(論理的思考)、顧客の立場にたちながら、愚直なまでに問題を未然に防ぐ努力(CS精神)を怠らない姿勢をもった者です。
この講座は、「宅建マイスター」のあるべき姿と精神を知っていただき、「宅建マイスター」試験にチャレンジするためのきっかけになるようにと設けた講座です。もちろん、通常の不動産流通業務にも十分役立つ内容です。
宅建マイスター認定試験受験を目指す方は、ぜひお申込みください。

【講座概要】
1.宅建マイスター認定試験の過去問を題材に様々なリスクを考える際の着眼点を確認し、それぞれのポイントについて実務家の講師が実際の状況に沿ったかたちで解説していきます。
2.A→B→Cと連続した売買の媒介、収益物件売買の媒介などを課題としてリスクについて考え、ディスカッションすることを通じて実践的な対応を学びます。


※ディスカッション…出題された課題について、自己の考えをまとめた後、4名程度のグループに分かれ、他者の意見を正確に聞きとり、自己の意見を解り易く説明することを通じ、グループとしての意見をまとめて回答を発表する形式の講座です。

開催概要

日 時: 2019年3月5日(火)
受付開始:12時30分
講  義:13時00分~17時30分
会 場: 不動産流通推進センター セミナールーム
東京都千代田区永田町1-11-30 サウスヒル永田町 8階
東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅(3番出口)徒歩1分
受講料: 10,000円(税込)
講 師: 北澤 秀樹氏(北澤不動産コンサルティング 代表/不動産鑑定士)
 
北澤 秀樹氏

三菱信託銀行㈱にて売買仲介、不動産の証券化、不動産保有会社のM&Aなど、不動産業務に従事。
2001年綜通㈱入社。CRE戦略の企画立案などに従事し、その後、常務取締役、常勤監査役を務め2015年退任。不動産鑑定士としても活躍中。

教材

教材『宅建マイスター テキスト ガイダンス 2017/2018』・『宅建マイスター 別冊設定事例編』・『宅建マイスター 別冊解答解説編』付き
※受講料に含まれていますので、購入していただく必要はありません。
※入金確認後に発送いたします。当日、会場までご持参下さい。


3/5の開催は終了しました。次回開催は未定です。

スキルアップ計画表

フォローアップカレッジ

宅建アソシエイト

集合研修で学習

“スコアテキスト”PLUS+

不動産コンサルティング技能試験