フォローアップ研修

この度の新型コロナウイルスに罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
受講者の皆さまの安全確保を第一優先に、換気、座席間隔、消毒等、感染予防対策に
十分に配慮して実施いたします。


お客様の安心と安全な取引を確保するために、宅建業のプレーヤーの皆さんが明日からの業務に役立つ知識と見識のブラッシュアップと、取引に内在するリスクヘの対応のために、幅広い経験値を積み重ねていただく一助となるべくメニューを揃えた研修ラインナップです。
具体的には基礎講座、実践講座、強化講座とレベル別に講座を分け、さらに半日の集合教育メニューを数編ずつラインナップしていきます。

過去の実施内容はこちら


【新システム移行に関するご注意・変更点のご案内】 フォローアップ研修は、2019年8月実施分のお申込みより、お申込受付フォームが新システムに移行されました。移行に伴い、お申込みに関してご注意・変更点がございますので、下記の通りご案内申し上げます。

◆受講料のお支払いについて
クレジットカード決済またはコンビニ決済となります(お客様の手数料負担なし)。
請求書払い(銀行振込)をご希望の場合は、お申込み後決済手続きに進む前に、当センターまでご連絡ください。

◆受講料のお支払期限について
お申し込み後、下記の場合、お申込みは自動キャンセルとさせていただきます。
・決済有効期限内に、決済お手続きをされなかった方
・コンビニ決済を選択後、お支払いせずに決済有効期限が切れてしまった方
※決済有効期限はお申込後自動返信されるメールに記載されます。
なお、自動キャンセルとなった場合、特に当センターからのご連絡はありませんのでご注意ください。

◆お申込みの振替・キャンセルに伴う返金について
・受講料をお支払後の別研修へのお振替は承れません。
・受講料は受講日の3営業日前までにお電話で受講辞退のお申し出のない限り返還いたしません。また返金となった場合、どのお支払方法であっても返金方法は銀行振込(手数料お客様負担)となりますので予めご了承ください。

  不動産流通実務検定“スコア”の得点の目安
基礎編 取引における内在リスクを察し、顧客保護を実現するために必要な知識を復習・再確認する講座 ~500点
実践編 現場で直面する(している)課題に対し、取引の安全を確保するための判断力・対応力・解決力を磨くための講座。 500点~
強化編 宅建業法の枠にとどまらない領域・分野(有効活用、相続対策など)にも広げ、取引に係る顧客ニーズ(相談)にワンストップで応えられる能力を身に付けるための講座。実務における守備範囲を広げる。 600点~
事例エクササイズ フォローアップ研修の「実践編」と「強化編」に設定。30人程度で講師とのワークショップ(対話)型の講座。
講師から提示された、実際に遭遇するであろう現場の与件に対して、受講者が取引に潜む内在リスクを一問一答の形で答え、それに講師が解説を加えながら真に潜むリスクとその解決方法を提示し、現場での実践対応力を磨いていく。
土地や既存住宅の仲介における調査やトラブルなどの様々な事例を題材に、現場での対応力を磨いていくワークショップ&実戦型の研修内容。
※対話形式で、受講者全員に発言の機会がある。
600点~
チャレンジ講座 宅建マイスターを目指すための対策講座=宅建マイスター「入門講座」「集中講座」 600点~

※不動産流通実務検定“スコア”の得点は目安です。より高得点を目指したい方、より深く学びたい方は、実践講座・強化講座のご受講をお薦めします。


2020年4月28日更新

フォローアッププログラム基調講演『不動産取引に関わるプレイヤー(従業者)へ ~地形歴史学から学ぶ 土地への新たな知見~』

  

  

新生フォロ-アップカレッジの誕生と開講を記念して、
学長に就任されました竹村公太郎先生の開講基調講演を、YouTubeでご覧いただけます。
(2020年4月23日収録、47分18秒)

動画内の資料をご希望の方は、メールで下記までご請求ください。PDFで送付させていただきます。
請求先:followup@retpc.jp
タイトル:竹村学長基調講演資料希望
本文:①氏名、②資料送付先メールアドレス

  

私たちのビジネスに直結している土地という観点を、新たな視点で「見る・視る・診る」
『日本史の謎は「地形」で解ける』の著者であり、日本全国で国土保全行政に携わり、ダムなどのインフラ整備の責任者としての経験と、日本特有の国土と地形を奥深い考察と史実との相関性を論理的に解き明かした講師ならではの、ここでしか聴けない不動産プレイヤー必見の講義です。

・私たちはどのような舞台(地形)で商売をしているのか
  都市部&地方都市「東京/大阪/福岡」
・土地を暮らしの下部構造と見る視点の重要性
  人は(歴史は)地形と気象には逆らえない
  河川災害/土砂災害/遷都
・地形と歴史が語る現代史の礎
  人の都市部への集約(空家は悪か?)/これからの都市と地方新生

開催概要

日 時: 2020年 4月28日(木) 配信開始
講  義:2020年4月23日収録(47分18秒)
会 場: 講習会場への出席申込み受付は行いません。
講 師: 竹村 公太郎氏(日本水フォーラム 代表理事)
 
竹村 公太郎氏

元国土交通省河川局長。日本水フォーラム代表理事、事務局長
東北大学工学部土木工学科修士課程修了。同年、建設省入省。以来、主にダム・河川事業を担当し、近畿地方建設局長、河川局長などを歴任。2002年、国土交通省退官後、(公財)リバーフロント研究所代表理事を経て、現在は(特非)水フォーラム代表理事。著書に、ベストセラー『日本史の謎は「地形」で解ける』(PHP文庫)、『水力発電が日本を救う』(東洋経済新報社)など多数。

2021年2月9日更新

フォローアッププログラム実践編『私道管理のトラブル~「所有者不明私道への対応ガイドライン」を中心に~』

※2019年6月4日に実施した講座のアップデート版になります。


平成30年1月、「複数の者が所有する私道の工事において必要な所有者の同意に関する研究報告書~所有者不明私道への対応ガイドライン~」が公表されました。同ガイドラインは、厳選された35件のケーススタディをとおして、共有者または私道の所有者の一部が所在不明な場合の工事の可否判断の指針を示したもので、宅地建物取引士は熟知しておく必要があります。
本講座では、講師みずからが作成に関わった本ガイドラインの解説を中心に、震災の復興支援で赴いた石巻市で直面した所有者不明土地問題や、所有者不明土地問題に対処するための民法・不動産登記法等の改正の見通し等について、わかりやすく解説します。

【主な講義内容】
●「所有者不明土地」問題の基本
 「所有者不明土地」の一般的な対処方法
 不動産登記簿における相続登記未了土地調査について  ほか

●東日本大震災からの復興と「所有者不明土地」問題
 不動産登記問題の参考事例 ― 各種の権利が設定された不動産  ほか

●「所有者不明私道への対応ガイドライン」
 共有私道の意義、形態について
 共有物に関する一般的ルール
 相互持合型私道についての考察
 ケーススタディ 事例1~3  ほか

●「所有者不明土地」は何故発生するのか?

●土地基本法の改正

●民法・不動産登記法等の改正検討要

●「所有者不明土地問題」に関するその他の立法

開催概要

講座形式: Web視聴型
※レジュメあり
※本講座は会場型(ライブ配信は「ライブ視聴+10会員」の方のみ対象)で実施予定だったものをWeb視聴型に変更して実施します。
①A会員の方は、視聴期間になり次第ご案内いたしますので、お申込み不要です。但し、単位取得希望の場合は確認テストへのお申込みが必要となります。
②ライブ視聴会員の方は、ライブ配信対象外の講座のため、視聴にはお申込みが必要となり、受講料のお支払いが発生します。
③ライブ視聴+10会員の方は、視聴期間になり次第ご案内いたしますので、お申込みは不要です。

視聴時間: 約 50分 × 3本
視聴期間: 2月25日(木)10:00~3月10日(水)17:00
申込締切: 3月3日(水)17:00 締切
受講料: A会員 無料
(単位取得希望の場合は、必ずお申込みください。
お申込みいただいたA会員の方には、別途確認テストをご案内いたします。)
ライブ視聴会員 5,000円(税込)
(ライブ配信対象外の講座のため、視聴にはお申込みが必要です)

ライブ視聴+10会員 無料
一般 9,000円(税込)
単 位: A会員の方で単位(2単位)をご希望の方は、確認テストに解答し、合格する必要があります。
確認テスト: 9問(四肢択一) ※全問正解で合格(不合格の場合、再提出可)
解答に必要な想定時間:約30分
解答期限:3月10日(水)17:00(再提出期限:3月12日(金)17:00)
講 師: 野村 裕氏(のぞみ総合法律事務所 弁護士)
 
野村 裕氏

1998年東京大学法学部卒業。2001年に弁護士登録、のぞみ総合法律事務所入所。2004~2006年日本銀行決済機構局へ出向。2008年のぞみ総合法律事務所パートナーとなる。
2013年~2016年東日本大震災からの復興を支援するため、石巻市役所に特定任期付職員として赴任。各種の復興事業に関する法的課題の解決その他の法務・コンプライアンス分野を幅広く担当し、土地区画整理事業や市街地再開発事業を推進するための法律相談業務も取り扱う。
2016年のぞみ総合法律事務所に復帰。
2017年法務省民事局「共有私道の保存・管理等に関する事例研究会」委員就任(2018年1月に最終とりまとめを公表)
2018年9月 日本弁護士連合会「所有者不明土地問題に関するワーキンググループ」委員就任(現任)

著作・
論文等:

・「特集・災害復興『大規模津波被災自治体・石巻市の復興に携わって』」(「自治実務セミナー」2016年3月 第一法規)
・「津波被災自治体の復興に取り組んで ――数十年単位の時の経過を反映できる登記制度の必要性を痛感――」(「月刊登記情報」通巻639号 2015年2月 金融財政事情研究会)
・「時の流れは解決してくれない ~被災地で顕在化する登記制度の問題点~」(「月刊登記情報」通巻652号2016年3月 金融財政事情研究会)
・「不動産登記問題から逃げない!~地域活性化を妨げないために知っておくべきポイント~」(「自治実務セミナー」2017年3月 第一法規)

2021年2月2日更新

フォローアッププログラム実践編『~賃貸事業の新たな夜明け~定期借家契約は、オーナー、借主、不動産業者にWin-Win-Winをもたらす最強の契約形態!』
※『ライブ視聴+10会員』様のみのライブ配信の予定でしたが、『A会員』『ライブ視聴会員』の方も視聴できるようにいたしました。

定期借家権が誕生して、21年が経過しようとしています。
しかし、国土交通省の調査では、三大都市圏の賃貸契約の種類は、「普通借家」が96.3%に対して、「定期借家」は2.0%となっています。※
“良質な賃貸住宅等の供給を促進する”ことの目的、制度のメリット、活用法などを、不動産流通業界、貸主サイドがまだまだ正しく理解しているとはいえません。

定期借家契約を積極的に取り入れている不動産業者は、営業力を重視し、家賃を下げなくても成約するノウハウをたくさん蓄積しています。
さらに、今後問題となってくる築古アパートなどの建て替え難航(高額な立退料、居座り問題などでの計画変更)事案を、定期借家契約の活用で上手に回避することができます。
その他、空き家の再生等における活用など、さまざまな活用法が期待されています。不動産業者がこの制度のメリットを再度認識し直し、オーナーに正しい情報を伝えていく必要があります。

当講座は、『大家さんと不動産業者のための~最強の定期借家入門~』の著者であり、実務においても、定期借家契約の導入によって、不良入居者対策・適正賃料の設定で賃貸経営力をアップし、物件の安定経営を実現してきた沖野元氏にこれからの定期借家契約活用法についてわかりやすく解説していただきます。

※令和2年度住宅市場動向調査より

開催概要

日 時: 2021年 3月17日(水)
受付開始:12時30分
講  義:13時00分~16時45分
※『ライブ視聴+10会員』に加え『A会員』『ライブ視聴会員』もライブ視聴が可能です。


会 場: 全日東京会館 2階 全日ホール
東京都千代田区平河町1-8-13 2F
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅「1番出口」より徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅「1番出口」より徒歩5分
受講料: A会員 無料
ライブ視聴会員 10,000円(税込)※会場受講の場合の料金
一般 12,000円(税込)
講 師: 沖野 元 氏(株式会社リーシングジャパン 代表取締役)
 
沖野 元氏

広島県出身 日本大学経済学部卒
教育産業、貿易業等に従事した後、大手不動産会社に転職。
平成21年、独立し現職に。
賃貸・売買仲介、管理を中心に、客付けに特化したリーシングコンサルタントとしても活動。
執筆・講演多数。定期借家契約に詳しく、共著に「大家さんと不動産業者のための~最強の定期借家入門~」(プラチナ出版)がある。

2020年7月10日更新

フォローアッププログラムチャレンジ講座『宅建マイスター集中講座 STEP1・STEP2』

STEP1:宅建マイスターの学び方を知る(内在リスクの各論を学ぶ)
STEP2:宅建マイスターの思考回路をつくる

開催概要

●STEP1(1日)

日 時: 7/16(木)、8/20(木)、9/3(木)、9/17(木)、10/8(木)、10/22(木)、
11/5(木)

10:00~17:00(昼休憩あり)
※9/17のみ大阪開催、他日程すべて東京開催
※いずれの日程も同じ内容です。
受講料: A会員 無料
ライブ視聴会員 16,000円(税込)
一般 20,000円(税込)
教 材: 宅建マイスターガイダンス改訂版(当日配布・受講料に含まれていますので、ご購入の必要はございません)、レジュメ等

●STEP2(半日)

日 時: 10/15(木)、11/12(木)、12/3(木)、12/17(木)、1/7(木)、1/21(木)
13:00~17:00
※11/12のみ大阪開催、他日程すべて東京開催
※いずれの日程も同じ内容です。
受講料: A会員 無料
ライブ視聴会員 12,000円(税込)
一般 15,000円(税込)
教 材: 宅建マイスターガイダンス改訂版(事前送付・受講料に含まれていますので、ご購入の必要はございません)、レジュメ等

●STEP1・STEP2共通事項

教 材: STEP1・STEP2どちらもご受講の場合でも、テキストはそれぞれでお渡しいたします。
単 位: 3単位(当日ご欠席(当日のご欠席連絡含む)された場合、マイナス3単位となります。)
講 師: 北澤 秀樹氏(北澤不動産コンサルティング 代表/不動産鑑定士)
藤崎 一弘氏(株式会社FKプランニング代表取締役)
難波 誠氏(四谷司法事務所/司法書士・土地家屋調査士・マンション管理士)

フォローアップカレッジ

スキルアップ計画表

宅建アソシエイト

集合研修で学習

“スコアテキスト”PLUS+

不動産コンサルティング技能試験