フォローアップ研修

お客様の安心と安全な取引を確保するために、宅建業のプレーヤーの皆さんが明日からの業務に役立つ知識と見識のブラッシュアップと、取引に内在するリスクヘの対応のために、幅広い経験値を積み重ねていただく一助となるべくメニューを揃えた研修ラインナップです。
具体的には基礎講座、実践講座、強化講座とレベル別に講座を分け、さらに半日の集合教育メニューを数編ずつラインナップしていきます。

過去の実施内容はこちら


【新システム移行に関するご注意・変更点のご案内】 フォローアップ研修は、2019年8月実施分のお申込みより、お申込受付フォームが新システムに移行されました。移行に伴い、お申込みに関してご注意・変更点がございますので、下記の通りご案内申し上げます。

◆受講料のお支払いについて
クレジットカード決済またはコンビニ決済となります(お客様の手数料負担なし)。
請求書払い(銀行振込)をご希望の場合は、お申込み後決済手続きに進む前に、当センターまでご連絡ください。

◆受講料のお支払期限について
お申し込み後、下記の場合、お申込みは自動キャンセルとさせていただきます。
・決済有効期限内に、決済お手続きをされなかった方
・コンビニ決済を選択後、お支払いせずに決済有効期限が切れてしまった方
※決済有効期限はお申込後自動返信されるメールに記載されます。
なお、自動キャンセルとなった場合、特に当センターからのご連絡はありませんのでご注意ください。

◆お申込みの振替・キャンセルに伴う返金について
・受講料をお支払後の別研修へのお振替は承れません。
・受講料は受講日の3営業日前までにお電話で受講辞退のお申し出のない限り返還いたしません。また返金となった場合、どのお支払方法であっても返金方法は銀行振込(手数料お客様負担)となりますので予めご了承ください。

  不動産流通実務検定“スコア”の得点の目安
基礎編 取引における内在リスクを察し、顧客保護を実現するために必要な知識を復習・再確認する講座 ~500点
実践編 現場で直面する(している)課題に対し、取引の安全を確保するための判断力・対応力・解決力を磨くための講座。 500点~
強化編 宅建業法の枠にとどまらない領域・分野(有効活用、相続対策など)にも広げ、取引に係る顧客ニーズ(相談)にワンストップで応えられる能力を身に付けるための講座。実務における守備範囲を広げる。 600点~
事例エクササイズ フォローアップ研修の「実践編」と「強化編」に設定。30人程度で講師とのワークショップ(対話)型の講座。
講師から提示された、実際に遭遇するであろう現場の与件に対して、受講者が取引に潜む内在リスクを一問一答の形で答え、それに講師が解説を加えながら真に潜むリスクとその解決方法を提示し、現場での実践対応力を磨いていく。
土地や既存住宅の仲介における調査やトラブルなどの様々な事例を題材に、現場での対応力を磨いていくワークショップ&実戦型の研修内容。
※対話形式で、受講者全員に発言の機会がある。
600点~
チャレンジ講座 宅建マイスターを目指すための対策講座=宅建マイスター「入門講座」「集中講座」 600点~

※不動産流通実務検定“スコア”の得点は目安です。より高得点を目指したい方、より深く学びたい方は、実践講座・強化講座のご受講をお薦めします。


2019年11月15日更新

フォローアッププログラム実践編 詳細な取引事例から学ぶ物件調査と対策~取引に潜むトラブルの要因を明らかにする~

2019年8月開催分から、受講料の決済方法が変更になりました。
クレジットカードまたはコンビニエンスストアでのお支払いをご利用いただけます。


不動産取引の『トラブルの回避』のためには、現場の取引事例からその教訓を学ぶことが重要です。
不動産取引の実務において遭遇する様々な事象について、詳細な取引場面の事例を用いながら、綿密な調査とともに物件を論理的にとらえ、トラブルを未然に防ぐ対応力を身に付けていただくための“現場密着対策講座”です。 取引における内在リスクを論理的思考で解明しながら、その解決方法・対応力を学んでいきます。
宅建マイスター各種講座の講師であり、現場で数多くの取引に携わった実務家講師ならではの講義となります。

現場の取引事例を豊富に用いた、宅建マイスター認定試験(※)の受験参考書でもある「宅建マイスターガイダンス(テキスト)改訂版」を教材に使用します。
受講者には、「宅建マイスターガイダンス(テキスト)改訂版」を進呈します。


宅建マイスター認定試験
不動産流通推進センターが年1回実施する、宅地建物取引士取得後5年を経過し、かつ実務に従事する方を対象とした試験です。合格した方は、自動的に「宅建マイスターメンバーズクラブ」に登録されます。Webサイトで厳選相談事例(賃貸・売買)や特記事項・特約ライブラリーをご覧いただけるほか、勉強会・交流会の参加を通じてブラッシュアップの機会を用意しています。
宅建マイスター Webサイト:https://www.retpc.jp/meister/

開催概要

日 時: 2019年12月11日(水)
受付開始:12時30分
講  義:13時00分~16時45分
会 場: 日本教育会館 7階 中会議室
東京都千代田区一ツ橋2-6-2
都営新宿線・三田線・東京メトロ半蔵門線「神保町駅」A1出口 徒歩3分
東京メトロ東西線「竹橋駅」北の丸公園側出口 徒歩5分
受講料: 11,000円(税込)
講 師: 北澤 秀樹氏(北澤不動産コンサルティング 代表/不動産鑑定士)
 
北澤 秀樹氏

三菱信託銀行㈱にて売買仲介、不動産の証券化、不動産保有会社のM&Aなど、不動産業務に従事。
2001年綜通㈱入社。CRE戦略の企画立案などに従事し、その後、常務取締役、常勤監査役を務め2015年退任。不動産鑑定士としても活躍中。

教材

教材『宅建マイスター ガイダンス 改訂版』付き
※受講料に含まれていますので、別途購入していただく必要はありません。


2019年12月4日更新

フォローアッププログラム基礎講座 民法改正で高まるインスペクションの重要性~建物状況調査と瑕疵保険の活用

2019年8月開催分から、受講料の決済方法が変更になりました。
クレジットカードまたはコンビニエンスストアでのお支払いをご利用いただけます。


我が国では、既存住宅を売主・買主が安心して取引できる市場環境整備が行われており、宅建業者に対し、媒介契約締結時の既存住宅状況調査技術者の「あっせん」の有無および重要事項説明時の建物状況調査の実施について説明する等の義務が課されてから約2年が経ちます。
令和2年4月には、民法(債権法)改正により、売買の目的物に欠陥があるときには、売主の契約不適合責任が問われる可能性が高まり、これまで以上に取引物件に対する契約締結前の建物検査(インスペクション)の重要性が更に増すことになります。
本講座では、媒介業者が熟知しておく必要がある「建物状況調査」「既存住宅売買瑕疵保険」について、その活用と留意点を、民間の立場で住宅瑕疵保険の事業化や保険商品の開発に関わり、現在、(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会にて、既存住宅状況調査技術者講習の運営責任者を務める講師が解説いたします。

開催概要

日 時: 2020年1月15日(水)
受付開始:12時30分
講  義:13時00分~16時45分
会 場: 全日東京会館 全日ホール
東京都千代田区平河町1-8-13 2F
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅「1番出口」より徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅「1番出口」より徒歩5分
受講料: 11,000円(税込)
講 師: 中村 達人氏(一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会 講習センター長)
 
中村 達人氏

一橋大学商学部卒。東京電力(株)入社。ビジネススクール留学修了後、個人向け光ファイバー通信の事業化やマーケティング等に従事。平成19年より同社子会社のハウスプラス住宅保証(株)にて住宅瑕疵保険の事業化、保険商品の開発および国土交通省との認可折衝および同社経営企画に従事。平成29年より(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会に在籍し、既存住宅状況調査技術者講習の運営責任者を務める。

2019年12月4日更新

フォローアッププログラム実践講座 改正民法における心理的欠陥(心理的瑕疵)の取扱い

2019年8月開催分から、受講料の決済方法が変更になりました。
クレジットカードまたはコンビニエンスストアでのお支払いをご利用いただけます。


来年4月1日から民法が改正となり、不動産の売買契約においては、今までの「隠れた瑕疵」から「契約不適合」責任へと買主保護のルールが変わります。引き渡された目的物が種類、品質等に関して契約の内容に適合しないものであるときは、買主は履行追完請求、代金減額請求、損害賠償請求、契約の解除をすることができるものと変わります。
不動産業界出身の弁護士が「瑕疵とは何か」を整理したうえで、さらに民法改正の視点を反映して、「心理的瑕疵」の事例を織り込み、分かりやすく解説していきます。
物件の欠陥や売買や賃貸の取引での、自殺、火災、犯罪等の心理的瑕疵の「説明義務」と「説明した方が良い」の線引きなど、契約上の留意点についても言及します。

開催概要

日 時: 2020年1月22日(水)
受付開始:12時30分
講  義:13時00分~16時45分
会 場: TKP渋谷カンファレンスセンター
東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷東宝ビル
東京メトロ銀座線 渋谷駅 徒歩3分
JR山手線 渋谷駅 東口 徒歩3分
東京メトロ半蔵門線 渋谷駅 B5番出口 徒歩3分 他
受講料: 11,000円(税込)
講 師: 渡辺 晋氏(山下・渡辺法律事務所/弁護士)
 
渡辺 晋氏

80年に大手不動産会社に入社。90年まで、戸建住宅やマンションの販売など、不動産実務に従事する。89年司法試験合格。92年弁護士登録。実務経験を生かして、多くの不動産取引に関する法律問題に取り組んでいる。国土交通省「不動産取引 からの反社会的勢力の排除のあり方検討会」座長。司法研修所民事弁護教官、司法試験考査委員を歴任。マンション管理士試験委員。日本大学理工学部まちづくり工学科講師。著書としては、『不動産取引における契約不適合責任と説明義務』(大成出版社)ほか多数。

講義終了後、会場で講師とカレッジA会員・B会員の新春交流会(参加費1,000円)を予定しています。
詳細が決まりましたら、お知らせを掲載します。


2019年12月5日更新

フォローアッププログラム【追加開催】 実践講座 民法改正が不動産取引に与える影響(売買編)

2019年8月開催分から、受講料の決済方法が変更になりました。
クレジットカードまたはコンビニエンスストアでのお支払いをご利用いただけます。

『改正民法』の施行が来年4月1日に迫り、いよいよ待ったなしの状況です。
本講座では、不動産の売買取引における特約事項の例、契約書の条項で留意すべき点、具体的な事例に基づいた現行法の「瑕疵担保責任」と改正法の「契約不適合責任」との比較など不動産プレーヤーとして知っておくべき不動産取引の実務に密着した事項を民法改正に関わった講師が具体的にわかりやすく解説します。

※2019年10月2日開催と同じ内容です。

開催概要

日 時: 2020年2月12日(水)
受付開始:12時30分
講  義:13時00分~16時45分
会 場: 全水道会館 4階 大会議室
東京都文京区本郷1-4-1
JR水道橋駅 東口 徒歩2分
地下鉄都営三田線 水道橋駅(A1出口)徒歩1分
受講料: 11,000円(税込)
講 師: 柴田 龍太郎氏(深沢綜合法律事務所 代表者/辯護士)
 
柴田 龍太郎氏

1981年検事任官(東京地検、徳島地検)。1984年弁護士登録。1998年4月から2001年3月最高裁判所の委嘱により最高裁判所司法研修所弁護教官。2005年度から2007年度まで法務大臣の任命により司法試験考査委員(憲法)。
2011年度~2014年度 公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会主催「民法改正動向をふまえた宅地建物取引制度のあり方に関する研究会」委員。その他民法改正に対応した委員などを歴任。
深沢綜合法律事務所 代表者。

ライブ配信を予定しています。
会員の方には、一週間前に視聴URLをメールでお知らせします。


2019年06月25日更新

フォローアッププログラムチャレンジ講座 宅建マイスター入門講座&集中講座


宅建マイスターの認定に必要な能力を磨く、一流講師陣による実践的な研修です。


入門講座(半日)

開催概要

宅建マイスター入門講座 Webサイト https://www.retpc.jp/meister/training/learning/

宅建士としてのスキルアップを目指し、宅建マイスター認定試験の受験を検討されている方向けの講座です。
宅建マイスターに必要とされる能力とは何かを理解した上で、過去問題を題材に出題形式・学習法を学びます。
宅建マイスター資格取得後の勉強会やセミナー、特典等についても紹介します。

日 時: 【東京】2019年 7月30日(火)13:30~16:30
【東京】2019年 8月27日(火)13:30~16:30
大阪】2019年9月10日(火)13:30~16:30
【東京】2019年 9月25日(水)13:30~16:30
【東京】2019年10月23日(水)13:30~16:30
大阪】2019年11月12日(火)13:30~16:30
【東京】2019年11月26日(火)13:30~16:30
会 場: 【東京】不動産流通推進センター セミナールーム
    (東京都千代田区永田町1-11-30 サウスヒル永田町 8階
    有楽町線・南北線・半蔵門線「永田町駅」より徒歩1分
大阪】AP大阪梅田東 Hルーム
    (大阪府大阪市中央区北浜東3-14
    JR「大阪駅」下車 御堂筋南口より徒歩約9分 ほか
受講料: 5,000円(税込、教材費込) ※11/26 《女子割》 3,000円でお申込みいただけます。
カレッジA会員:無料 カレッジB会員:4,000円(割引価格)
教材 オリジナルレジュメ、過去問題
※認定試験受験の場合、受験料 12,500円(税込)は別途頂戴します。
集中講座(1日)

開催概要

宅建マイスター集中講座 Webサイト https://www.retpc.jp/meister/training/learning/focus.html

宅建マイスターの役割、内在リスク、論理的思考など、テキストでは伝えきれない宅建マイスターに求められる資質を「対面」で伝える講座です。
設定事例を用いたエクササイズを通して、宅建マイスターに求められる取引に潜む内在リスクを予見するための論理的思考力を磨いていきます。

日 時: 【東京】2019年10月24日(木)10:00~18:00
【東京】2019年11月19日(火)10:00~18:00
【東京】2019年12月10日(火)10:00~18:00
大阪】2019年12月17日(火)10:00~18:00
【東京】2020年 1月8日(水)10:00~18:00
【東京】2020年 1月21日(火)10:00~18:00
【東京】2020年 1月28日(火)10:00~18:00

会 場: 【東京】不動産流通推進センター セミナールーム
    (東京都千代田区永田町1-11-30 サウスヒル永田町 8階
    有楽町線・南北線・半蔵門線「永田町駅」より徒歩1分
大阪】AP大阪梅田東 Mルーム
    (大阪府大阪市中央区北浜東3-14
    JR「大阪駅」下車 御堂筋南口より徒歩約9分 ほか

受講料: 20,000円(税込、教材費込)
カレッジA会員:無料 カレッジB会員:16,000円(割引価格)
教材 「宅建マイスター認定試験 2019ガイダンス(2019年9月発刊予定)」
※認定試験受験の場合、受験料 12,500円(税込)は別途頂戴します。

フォローアップカレッジ

スキルアップ計画表

宅建アソシエイト

集合研修で学習

“スコアテキスト”PLUS+

不動産コンサルティング技能試験