フォローアップ研修

この度の新型コロナウイルスに罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
受講者の皆さまの安全確保を第一優先に、換気、座席間隔、消毒等、感染予防対策に
十分に配慮して実施いたします。


お客様の安心と安全な取引を確保するために、宅建業のプレーヤーの皆さんが明日からの業務に役立つ知識と見識のブラッシュアップと、取引に内在するリスクヘの対応のために、幅広い経験値を積み重ねていただく一助となるべくメニューを揃えた研修ラインナップです。
具体的には基礎講座、実践講座、強化講座とレベル別に講座を分け、さらに半日の集合教育メニューを数編ずつラインナップしていきます。

過去の実施内容はこちら


【新システム移行に関するご注意・変更点のご案内】 フォローアップ研修は、2019年8月実施分のお申込みより、お申込受付フォームが新システムに移行されました。移行に伴い、お申込みに関してご注意・変更点がございますので、下記の通りご案内申し上げます。

◆受講料のお支払いについて
クレジットカード決済またはコンビニ決済となります(お客様の手数料負担なし)。
請求書払い(銀行振込)をご希望の場合は、お申込み後決済手続きに進む前に、当センターまでご連絡ください。

◆受講料のお支払期限について
お申し込み後、下記の場合、お申込みは自動キャンセルとさせていただきます。
・決済有効期限内に、決済お手続きをされなかった方
・コンビニ決済を選択後、お支払いせずに決済有効期限が切れてしまった方
※決済有効期限はお申込後自動返信されるメールに記載されます。
なお、自動キャンセルとなった場合、特に当センターからのご連絡はありませんのでご注意ください。

◆お申込みの振替・キャンセルに伴う返金について
・受講料をお支払後の別研修へのお振替は承れません。
・受講料は受講日の3営業日前までにお電話で受講辞退のお申し出のない限り返還いたしません。また返金となった場合、どのお支払方法であっても返金方法は銀行振込(手数料お客様負担)となりますので予めご了承ください。

  不動産流通実務検定“スコア”の得点の目安
基礎編 取引における内在リスクを察し、顧客保護を実現するために必要な知識を復習・再確認する講座 ~500点
実践編 現場で直面する(している)課題に対し、取引の安全を確保するための判断力・対応力・解決力を磨くための講座。 500点~
強化編 宅建業法の枠にとどまらない領域・分野(有効活用、相続対策など)にも広げ、取引に係る顧客ニーズ(相談)にワンストップで応えられる能力を身に付けるための講座。実務における守備範囲を広げる。 600点~
事例エクササイズ フォローアップ研修の「実践編」と「強化編」に設定。30人程度で講師とのワークショップ(対話)型の講座。
講師から提示された、実際に遭遇するであろう現場の与件に対して、受講者が取引に潜む内在リスクを一問一答の形で答え、それに講師が解説を加えながら真に潜むリスクとその解決方法を提示し、現場での実践対応力を磨いていく。
土地や既存住宅の仲介における調査やトラブルなどの様々な事例を題材に、現場での対応力を磨いていくワークショップ&実戦型の研修内容。
※対話形式で、受講者全員に発言の機会がある。
600点~
チャレンジ講座 宅建マイスターを目指すための対策講座=宅建マイスター「入門講座」「集中講座」 600点~

※不動産流通実務検定“スコア”の得点は目安です。より高得点を目指したい方、より深く学びたい方は、実践講座・強化講座のご受講をお薦めします。


2021年4月2日更新

フォローアッププログラム基調講演『法律の「本質」と現場の「応用力」の結合 ―顧客からのさらなる信頼確保のために―』

  

  

フォローアップカレッジ2021開講にあたりまして、吉田修平弁護士による基調講演を、YouTubeでご覧いただけます(無料公開)。(2021年3月25日収録、37分)
レジュメダウンロード(1.2MB):こちら

  

不動産実務とは切り離せない法律の知識。

IT化、デジタル化が進んでも、人が問題解決に関わっていくという本質は変わることはありません。 「民法改正と不動産取引」、「不動産相続の法律相談」の著者であり、不動産法務の第一人者が、不動産に関わる法律の本質を解き明かし、様々なケースに対応しなければならない現場実務への対応力を伝授します。


1.不動産プレイヤーに求められるもの
 ・コンプライアンスの意識
 ・不動産に関する実務処理能力
 ・法律,賃貸,建築,税制及び自然災害等に関する知識と説明能力

2.法律の学び方
 ・本質の理解と現場「応用力」の必要性
 ・原則と例外の重要性

3. 民法(債権法)改正について
 ・瑕疵担保責任から契約不適合責任へ

開催概要

日 時: 2021年 4月2日(金) 配信開始
講  義:2021年3月25日収録(37分00秒)
講 師: 吉田 修平氏(吉田修平法律事務所 代表弁護士)
 
吉田 修平氏

定期借家権、終身借家権の立法、担保執行制度の改正などに関わり、中間省略登記の代替え手段の考案等、不動産を得意分野とする。また、各省庁の委員会委員や大学での教鞭、各種団体の役員など多方面で活躍。著書:「事例研究 民事法 第2版」、「最近の不動産の話」ほか多数。
NHK総合の特番などにも出演。

2020年4月28日更新

フォローアッププログラム基調講演『不動産取引に関わるプレイヤー(従業者)へ ~地形歴史学から学ぶ 土地への新たな知見~』

  

  

新生フォロ-アップカレッジの誕生と開講を記念して、
学長に就任されました竹村公太郎先生の開講基調講演を、YouTubeでご覧いただけます。
(2020年4月23日収録、47分18秒)

※動画内でご案内している資料の送付につきましては2021年8月末をもちまして終了させていただきました。

  

私たちのビジネスに直結している土地という観点を、新たな視点で「見る・視る・診る」
『日本史の謎は「地形」で解ける』の著者であり、日本全国で国土保全行政に携わり、ダムなどのインフラ整備の責任者としての経験と、日本特有の国土と地形を奥深い考察と史実との相関性を論理的に解き明かした講師ならではの、ここでしか聴けない不動産プレイヤー必見の講義です。

・私たちはどのような舞台(地形)で商売をしているのか
  都市部&地方都市「東京/大阪/福岡」
・土地を暮らしの下部構造と見る視点の重要性
  人は(歴史は)地形と気象には逆らえない
  河川災害/土砂災害/遷都
・地形と歴史が語る現代史の礎
  人の都市部への集約(空家は悪か?)/これからの都市と地方新生

開催概要

日 時: 2020年 4月28日(木) 配信開始
講  義:2020年4月23日収録(47分18秒)
会 場: 講習会場への出席申込み受付は行いません。
講 師: 竹村 公太郎氏(日本水フォーラム 代表理事)
 
竹村 公太郎氏

元国土交通省河川局長。日本水フォーラム代表理事、事務局長
東北大学工学部土木工学科修士課程修了。同年、建設省入省。以来、主にダム・河川事業を担当し、近畿地方建設局長、河川局長などを歴任。2002年、国土交通省退官後、(公財)リバーフロント研究所代表理事を経て、現在は(特非)水フォーラム代表理事。著書に、ベストセラー『日本史の謎は「地形」で解ける』(PHP文庫)、『水力発電が日本を救う』(東洋経済新報社)など多数。
2021年4月に新刊『広重の浮世絵と地形で読み解く 江戸の秘密』が発売中。

2021年10月11日更新

フォローアッププログラム実践編『借地借家法の体系的理解と実務』
※この講座は2回シリーズとなります。

借地借家については、制度内容がとても複雑で、存続期間や権利の内容が異なるものが併存しますので、整理がしずらい分野ではないでしょうか?しかし、法の変遷とその立法の背景を知ることから、体系的にポイントを学ぶことで整理がしやすくなります。
不動産分野を得意とし、定期借地権の普及についての旧建設省の各委員を務め、また、定期借家権や終身借家権の創設にかかわった吉田修平弁護士が、『借地借家法』について2回シリーズで解説いたします。

開催概要

<第1回>
借地借家法の体系的理解と実務①【借地編】~立法の背景からトラブル事例まで~

※この講座は2回シリーズとなり、今回はシリーズ第1回目『借地編』です。
※第2回は12/7(火)より視聴開始となります。


【借地編の主な講義内容】
法律の学び方(原則と例外)
借地借家の全体像
借地の歴史
普通借地権
普通借地権が発生する不動産賃貸借とは
定期借地権の誕生
定期借地権の活用事例
更新・建替え・譲渡など、普通借地権をめぐるトラブル事例
普通借地権とビジネスチャンス(等価交換その他)

研修形式: <Web受講型>
①事前課題 提出期限:11月7日(日)17:00
②Web受講
③確認テスト 提出期限:11月25日(木)17:00
④受講者からの質問に対する動画配信(30分)
<事前課題について>
 提出は任意です。但し、A会員で単位取得希望の方は提出が必須となります。
<確認テストについて>
 提出は任意です。但し、A会員で単位取得希望の方は提出および全問正解が必須となります。

※研修形式の詳細につきましては下記URLをご確認下さい。
https://www.retpc.jp/fup/pages/college
視聴期間: 2021年11月9日(火)AM10:00 ~ 11月22日(月)17:00
視聴時間: 約45分×3本(予定)
申込締切: 2021年11月10日(水)12:00 ※一般申込みの締切日です。
受講料: A会員 無料
※申込み不要。準備が出来次第ご案内いたします。
※単位取得を希望する場合は、①事前課題の提出、②Web受講、③確認テストの提出および全問正解が必須となります。

動画会員 無料
※申込み不要。準備が出来次第ご案内いたします。
一般 10,000円
※一般の方は下記申込みボタンよりお申込み下さい。
確認テスト: 4問(四肢択一)
解答に必要な想定時間:約10分
解答期限:11月25日(木)17:00
※A会員で単位取得希望の方は、期限までに全問正解となるまで繰返し解答して下さい。
単 位: 2単位 ※A会員のみ
※単位の詳細につきましては、下記URLをご確認下さい。 https://www.retpc.jp/fup/pages/college
講 師: 吉田 修平氏(吉田修平法律事務所 代表弁護士)
 
吉田 修平氏

定期借家権、終身借家権の立法、担保執行制度の改正などに関わり、中間省略登記の代替え手段の考案等、不動産を得意分野とする。また、各省庁の委員会委員や大学での教鞭、各種団体の役員など多方面で活躍。著書:「事例研究 民事法 第2版」、「最近の不動産の話」ほか多数。
NHK総合の特番などにも出演。

  

開催概要

<第2回>
借地借家法の体系的理解と実務②【借家編】~立法の背景からトラブル事例まで~

※この講座は2回シリーズとなり、今回はシリーズ第2回目『借家編』です。
※第1回目の視聴期間:11/9(火)~11/22(月)


【借家編の主な講義内容】
借家の歴史
正当事由制度の成立
普通借家権
借家権の対象となる不動産賃貸借とは
定期借家権の誕生
定期借家権についての最近の判例
普通借家権をめぐるトラブル事例
正当事由・立退料等をめぐる最近の判例の傾向


研修形式: <Web受講型>
①事前課題 提出期限:12月5日(日)17:00
②Web受講
③確認テスト 提出期限:12月23日(木)17:00
④受講者からの質問に対する動画配信(30分)
<事前課題について>
 提出は任意です。但し、A会員で単位取得希望の方は提出が必須となります。
<確認テストについて>
 提出は任意です。但し、A会員で単位取得希望の方は提出および全問正解が必須となります。

※研修形式の詳細につきましては下記URLをご確認下さい。
https://www.retpc.jp/fup/pages/college
視聴期間: 2021年12月7日(火)AM10:00 ~ 12月20日(月)17:00
視聴時間: 約45分×3本(予定)
申込締切: 2021年12月8日(水)12:00 ※一般申込みの締切日です。
受講料: A会員 無料
※申込み不要。準備が出来次第ご案内いたします。
※単位取得を希望する場合は、①事前課題の提出、②Web受講、③確認テストの提出および全問正解が必須となります。

動画会員 無料
※申込み不要。準備が出来次第ご案内いたします。
一般 10,000円
※一般の方は下記申込みボタンよりお申込み下さい。
確認テスト: 4問(四肢択一)
解答に必要な想定時間:約10分
解答期限:12月23日(木)17:00
※A会員で単位取得希望の方は、期限までに全問正解となるまで繰返し解答して下さい。
単 位: 2単位 ※A会員のみ
※単位の詳細につきましては、下記URLをご確認下さい。 https://www.retpc.jp/fup/pages/college
講 師: 吉田 修平氏(吉田修平法律事務所 代表弁護士)
 
吉田 修平氏

定期借家権、終身借家権の立法、担保執行制度の改正などに関わり、中間省略登記の代替え手段の考案等、不動産を得意分野とする。また、各省庁の委員会委員や大学での教鞭、各種団体の役員など多方面で活躍。著書:「事例研究 民事法 第2版」、「最近の不動産の話」ほか多数。
NHK総合の特番などにも出演。

2021年11月15日更新

フォローアッププログラム実践編『建物ボリュームを理解する!~立体的な土地利用の説明力を養う~』
※A会員は後日動画配信有り

※2020年11月25日に開催した研修の再演となります。


不動産流通業者においては、取引対象の建物に関する建築基準法上に関する説明は基より、顧客から更地においての建物建築、もしくは建物の再建築の相談を受ける場面が往々にしてあり、顧客への建物ボリュームの説明力が求められます。さらには、更地の目利きを行う上でも、建物の立体的なイメージを想定できることが、ビジネスにおいても大きなアドバンテージとなり、ビジネスの適切な展開につながることは間違いありません。
本研修では、不動産取引において重要性を増している「立体的な土地利用の説明力」を養うことを目的とし、講師から提示された課題により、木造住宅、中高層建物の基本構想の作成等を行い、建物ボリュームを把握する演習を行います。個人ワーキング、建築・建物ボリュームの具体的演習を行うことで、現場での実践対応力を身に付けていく講座です。

※当日は図面を作成しますので、定規(15センチ程度)と鉛筆またはシャープペンシル、消しゴムをご持参ください。

教材に講師の中城先生の著書である『建築プロデュース』を使用します。受講者には、『建築プロデュース』を進呈します。

開催概要

研修形式: <会場型>
①事前課題 提出期限:12月6日(月)17:00まで
②会場受講 ※A会員は後日動画配信有。
③受講者からの質問に対する動画配信(30分)

<事前課題について>
事前課題の提出は任意ですが、当日の講義で事前課題の内容を確認することがあります。
一通り内容をご確認の上、ご参加下さい。
但し、A会員で単位取得希望の方は提出が必須となります。

※研修形式の詳細につきましては下記URLをご確認下さい。
https://www.retpc.jp/fup/pages/college
日 時: 2021年12月8日(水)
受付開始 13:00~
講  義 13:30~16:00
会 場: AP市ヶ谷 8階 Aルーム
東京都千代田区五番町1-10
JR線・有楽町線・南北線・都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩1分
申込締切: 2021年12月6日(月)12:00まで
受講料: A会員 無料
※会場で受講する場合は申込みが必要です。
※単位取得を希望する場合は事前課題を提出し、会場での受講が必須となります。

動画会員 12,000円
※会場で受講する場合、または後日動画の視聴を希望する場合は、申込みおよび受講料のお支払いが必要です。
一般 14,000円
単 位: 3単位 ※A会員のみ
※単位の詳細につきましては、下記URLをご確認下さい。 https://www.retpc.jp/fup/pages/college
講 師: 中城 康彦 氏(明海大学不動産学部長 教授)
 
中城 康彦氏

明海大学不動産学部学部長、教授、博士(工学)、一級建築士、不動産鑑定士、FRICS。建築設計士事務所、不動産鑑定業者、米国不動産投資会社勤務の後、会社経営を経て明海大学。
著書は『建築プロデュース~土地・建物・権利・価値を総合的に考える~』(市ヶ谷出版社)、『生活者のための不動産学入門』(放送大学教育振興会、共著)、など多数。

2021年11月15日更新

フォローアッププログラム基礎編『登記簿を読み解く!具体的な登記事例に基づき登記簿記載事項の留意点を理解する』
※Zoomを使用したオンライン研修

※2020年6月22日~7月6日 に開催したWeb受講型の研修の再演となります。


依頼者より売却依頼を受けた物件については、物件を特定しその内容を確認するために最初に行う調査が登記簿による調査です。 登記簿は「表題部」「権利部(甲区)」「権利部(乙区)」分かれ、不動産の売買において欠かせない情報が沢山記載されており、物件の歴史が詰まっています。
表題部に記載されている土地の面積や建物の種類、構造、床面積が実際と異なっていないかを確認し、建物の物理的な遵法性を判断する手掛かりとしたり、権利部(甲区)において所有権移転の変遷を確認することで、物件の過去の状況を知るヒントを得たりすることができます。
また、権利部(乙区)には抵当権、根抵当権など、所有権以外の権利が記載されていますが、不動産所有者の支払いが済んでいない借金額、残債が推測できます。
このように登記簿には取引におけるトラブルを未然に防ぐための重要なヒントが沢山記載されており、そのためにも登記簿を読み解く力が必要です。
本講座では、表題部及び権利部(甲区及び乙区)の具体的な登記事例(区分登記、譲渡担保、仮登記、差押、仮差押、競売、根抵当権、地役権、配偶者居住権等)を見ながら登記簿記載事項の留意点について、大手仲介業者の研修担当であった講師が解説していきます。

※一部対話形式となりますので、複数の受講者に発言の機会があります。

開催概要

研修形式: <オンライン型(Zoom)>
①事前課題 提出期限:12月13日(月)17:00まで
②オンライン(Zoom)受講
③受講者からの質問に対する動画配信(30分)
<事前課題について>
 事前課題の提出は任意ですが、当日の講義で事前課題の内容を確認することがあります。
一通り内容をご確認の上、ご参加下さい。
但し、A会員で単位取得希望の方は提出が必須となります。

※研修形式の詳細につきましては下記URLをご確認下さい。
https://www.retpc.jp/fup/pages/college
日 時: 2021年12月15日(水)
◇タイムスケジュール◇
案内開始  12:30〜 ※13:05までにZoomへのサインインをお願い致します。
ガイダンス 13:25~13:30
一時限   13:30~14:10(40分)
休憩    14:10~14:20(10分)
二時限   14:20~15:00(40分)
休憩    15:00~15:10(10分)
三時限   15:10~15:50(40分)
質疑応答  15:50~16:00(10分)
申込締切: 2021年12月13日(月)12:00まで
受講料: A会員 無料
※申込みが必要です。
※単位取得を希望する場合は、事前課題を提出し、オンラインでの受講が必須となります。

動画会員 5,000円
※申込みおよび受講料のお支払いが必要です。
一般 一般の方はお申込み不可となります。
単 位: 3単位 ※A会員のみ
※単位の詳細につきましては、下記URLをご確認下さい。 https://www.retpc.jp/fup/pages/college
講 師: 難波 誠 氏(アプリーガ司法書士法人 / 司法書士)
 
難波 誠氏

20年以上にわたり、大手不動産仲介会社にて不動産仲介営業、契約審査業務、物件調査業務、教育研修業務に従事。
現在 司法書士、土地家屋調査士、マンション管理士として活躍中。
当センターのフォローアップ研修講座講師、宅建マイスター集中講座講師、不動産流通実務検定“スコア”の問題作成委員等を担当。

2021年11月15日更新

フォローアッププログラム特別編『不動産マーケットの行方を徹底分析~ターゲット別顧客動向から変化を読み解く』 ※マイスター、マスター向け「マーケティング観測第2弾」特別講座との合同開催となります。 ※「当日ライブ配信」および「後日動画配信」有り。(一般の方もご視聴いただけます) ※当日のライブ配信はZoomウェビナーで開催いたします。

コロナ禍を契機にビジネススタイル、生活スタイルが変わり、不動産に対する価値観にも大きな変化が生まれています。
この2年でサラリーマン層、シニア層、投資家、富裕層、海外投資家の価値観や行動様式がどのように変化し、それが不動産マーケットにどのような影響を与えているのでしょうか?
コロナにより価値観の変化が加速し、昭和、平成の右肩上がり前提のモデルが通用するのは、今後2年程度と講師は予測しています。
10年先を睨んで、不動産のビジネスモデルはどのような変革を迫られるのでしょうか?
今回の講義では、特にカテゴリー別の顧客動向に着目したうえで、アフターコロナのマーケットを大胆に予測し、新たな価値観に対応した不動産の在り方、不動産DXの可能性、そして不動産のプロとしてこの大変革の時代を生き抜くための心構えについて、熱く語っていただきます。


【主な講義内容】
1.2022年からの日本社会
2.働き方の変革とオフィスマーケット
3.通貨安・物価高とサラリーマンの住宅ローン
4.海外投資家はどこまで不動産マーケットを支えるか
5.富裕層・高等遊民と不動産
6.不動産の未来

開催概要

研修形式: <会場型>※ライブ配信有。(Zoomウェビナー)
①事前課題 提出期限:12月19日(日)17:00まで
②会場受講 ※後日動画配信有。(一般の方もご視聴いただけます)
 ※この研修は特別編のため「受講者からの質問に対する動画配信(30分)」はありません。
<事前課題について>
事前課題の提出は任意ですが、当日の講義で事前課題の内容を確認することがあります。
一通り内容をご確認の上、ご参加下さい。
但し、A会員で単位取得希望の方は提出が必須となります。

※研修形式の詳細につきましては下記URLをご確認下さい。
https://www.retpc.jp/fup/pages/college
日 時: 2021年12月21日(火)
受付開始 12:30~
講  義 13:00~16:20
※通常のフォローアップ研修より講義時間が長くなっておりますのでご注意下さい。
会 場: AP市ヶ谷 6階 Cルーム
東京都千代田区五番町1-10
JR線・有楽町線・南北線・都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩1分
申込締切: 2021年12月17日(金)12:00まで
受講料: A会員 無料
※会場で受講する場合は申込みが必要です。
※単位取得を希望する場合は事前課題を提出し、会場での受講が必須となります。

動画会員 12,000円
※会場で受講する場合または当日のライブ配信、後日動画配信の視聴を希望する場合は、申込みおよび受講料のお支払いが必要です。
一般 14,000円
※会場の受講料、当日のライブ配信および後日動画配信の料金が含まれています。
単 位: 3単位 ※A会員のみ
※単位の詳細につきましては、下記URLをご確認下さい。 https://www.retpc.jp/fup/pages/college
講 師: 牧野 知弘 氏(オラガ総研株式会社 代表取締役)
 
牧野 知弘 氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産に勤務。不動産開発、買収、証券化業務等を手掛ける。現在はオラガ総研株式会社代表取締役としてホテルやオフィスなど不動産全般のアドバイザリー、プロデュース業務を行う傍ら、講演活動を積極的に展開。不動産関係の数多くの著書を執筆している。著書に『不動産激変 コロナが変えた日本社会』『空き家問題』『民泊ビジネス』『インバウンドの衝撃』『不動産で知る日本のこれから』『不動産激変』『家の買い方街の選び方』(いずれも祥伝社新書)『2020年マンション大崩壊』(文春新書)『人が集まる街逃げる街』(角川新書)などがある。
週刊東洋経済、文春オンラインでの連載のほか、テレビ、新聞等メディア出演多数。

「公認不動産コンサルティングマスター」または「宅建マイスター」の要件を取得希望の方は、マスター・マイスター向け特別講座よりお申込み下さい。その場合、カレッジ会員の単位は取得できませんのでご注意下さい。
(マスター・マイスター向け特別講座:https://www.retpc.jp/koshu/master_meister/


2021年9月9日更新

フォローアッププログラム宅建マイスター講座

宅建マイスター講座の詳細については、下記よりご確認下さい。


  • マイスターバナー
  • コンサル試験バナー