フォローアップ研修

この度の新型コロナウイルスに罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
受講者の皆さまの安全確保を第一優先に、換気、座席間隔、消毒等、感染予防対策に
十分に配慮して実施いたします。


お客様の安心と安全な取引を確保するために、宅建業のプレーヤーの皆さんが明日からの業務に役立つ知識と見識のブラッシュアップと、取引に内在するリスクヘの対応のために、幅広い経験値を積み重ねていただく一助となるべくメニューを揃えた研修ラインナップです。
具体的には基礎講座、実践講座、強化講座とレベル別に講座を分け、さらに半日の集合教育メニューを数編ずつラインナップしていきます。

過去の実施内容はこちら


【新システム移行に関するご注意・変更点のご案内】 フォローアップ研修は、2019年8月実施分のお申込みより、お申込受付フォームが新システムに移行されました。移行に伴い、お申込みに関してご注意・変更点がございますので、下記の通りご案内申し上げます。

◆受講料のお支払いについて
クレジットカード決済またはコンビニ決済となります(お客様の手数料負担なし)。
請求書払い(銀行振込)をご希望の場合は、お申込み後決済手続きに進む前に、当センターまでご連絡ください。

◆受講料のお支払期限について
お申し込み後、下記の場合、お申込みは自動キャンセルとさせていただきます。
・決済有効期限内に、決済お手続きをされなかった方
・コンビニ決済を選択後、お支払いせずに決済有効期限が切れてしまった方
※決済有効期限はお申込後自動返信されるメールに記載されます。
なお、自動キャンセルとなった場合、特に当センターからのご連絡はありませんのでご注意ください。

◆お申込みの振替・キャンセルに伴う返金について
・受講料をお支払後の別研修へのお振替は承れません。
・受講料は受講日の3営業日前までにお電話で受講辞退のお申し出のない限り返還いたしません。また返金となった場合、どのお支払方法であっても返金方法は銀行振込(手数料お客様負担)となりますので予めご了承ください。

  不動産流通実務検定“スコア”の得点の目安
基礎編 取引における内在リスクを察し、顧客保護を実現するために必要な知識を復習・再確認する講座 ~500点
実践編 現場で直面する(している)課題に対し、取引の安全を確保するための判断力・対応力・解決力を磨くための講座。 500点~
強化編 宅建業法の枠にとどまらない領域・分野(有効活用、相続対策など)にも広げ、取引に係る顧客ニーズ(相談)にワンストップで応えられる能力を身に付けるための講座。実務における守備範囲を広げる。 600点~
事例エクササイズ フォローアップ研修の「実践編」と「強化編」に設定。30人程度で講師とのワークショップ(対話)型の講座。
講師から提示された、実際に遭遇するであろう現場の与件に対して、受講者が取引に潜む内在リスクを一問一答の形で答え、それに講師が解説を加えながら真に潜むリスクとその解決方法を提示し、現場での実践対応力を磨いていく。
土地や既存住宅の仲介における調査やトラブルなどの様々な事例を題材に、現場での対応力を磨いていくワークショップ&実戦型の研修内容。
※対話形式で、受講者全員に発言の機会がある。
600点~
チャレンジ講座 宅建マイスターを目指すための対策講座=宅建マイスター「入門講座」「集中講座」 600点~

※不動産流通実務検定“スコア”の得点は目安です。より高得点を目指したい方、より深く学びたい方は、実践講座・強化講座のご受講をお薦めします。


2022年8月9日更新

カレッジA会員限定
新企画登場!
人気講師が答える「オンライン質問回答ゼミ」

開催は終了いたしました。


フォローアップカレッジでは、会場型講義の最後に質疑応答の時間を設けています。
毎回、受講生から活発な質問が挙がり、周りの受講生にとっても非常に勉強になると好評です。
そこで新企画として、カレッジの人気講師が、カレッジA会員様の宅建業務に関わる質問や相談にオンラインで回答する「オンライン質問回答ゼミ」を実施することにしました!
日頃疑問に思っていることや、専門家に聞いてみたかったこと等、事前に質問を募集し、当日、オンラインで直接講師から回答を聞くことができます。
質問募集に参加しなかったA会員の方も、当日は内容を視聴できますので、ご自身の知識のアップデートにお役立てください。

※質問が多数寄せられた場合は、こちらで選定させていただくことがあります。予めご了承ください。

開催概要

研修形式: <オンラインZoom型>
受講料: 無料
申込方法: ・ご質問したい方は、申込フォームより質問内容をご入力ください。
・実施当日は、Zoomにてオンラインでご参加の上、講師より回答をお聴きください。
・Zoomは、カメラ付きでお顔を写していただくようお願いします。
・視聴のみご希望の方は、実施日当日、Zoomにてご視聴ください。カメラは不要です。
・事前にご質問をいただいていない「視聴のみ」の方も、時間によっては、
 その場で質問を受け付ける場合があります。その際はカメラをオンにしてご発言ください。
単位に
 ついて:
「オンライン質問回答ゼミ」は、カレッジA会員の単位付与の対象外の講座となります。
あらかじめご了承下さい。
開催日: ①2022年9月6日(火)14:00~15:00 ※案内開始13:45~
【質問募集内容】不動産取引に関わる調査全般に関する質問
【申込締切】2022年8月30日(火)17:00
 
難波 誠氏
難波 誠 氏(アプリーガ司法書士法人 / 司法書士)

20年以上にわたり、大手不動産仲介会社にて不動産仲介営業、契約審査業務、物件調査業務、教育研修業務に従事。
現在 司法書士、土地家屋調査士、マンション管理士として活躍中。
当センターのフォローアップ研修講座講師、宅建マイスター集中講座講師、不動産流通実務検定“スコア”の問題作成委員等を担当。

申込みは締め切りました。

  ②2022年9月28日(水)14:00~15:00 ※案内開始13:45~
【質問募集内容】不動産取引に関わる法律問題に関する質問
【申込締切】  2022年9月21日(水)17:00
 
渡辺 晋氏
渡辺 晋 氏(山下・渡辺法律事務所/弁護士)

80年に大手不動産会社に入社。90年まで、戸建住宅やマンションの販売など、不動産実務に従事する。89年司法試験合格。92年弁護士登録。実務経験を生かして、多くの不動産取引に関する法律問題に取り組んでいる。国土交通省「不動産取引 からの反社会的勢力の排除のあり方検討会」座長。司法研修所民事弁護教官、司法試験考査委員を歴任。マンション管理士試験委員。著書としては、『不動産取引における契約不適合責任と説明義務』(大成出版社)ほか多数。

申込みは締め切りました。

  ③2022年10月4日(火)14:00~15:00 ※案内開始13:45~
【質問募集内容】不動産取引に関わる建築知識に関する質問
【申込締切】  2022年9月27日(火)17:00
 
中谷 龍海氏
中谷 龍海 氏(アーキテン一級建築士事務所 一級建築士)

’75年神奈川大学工学部建築学科卒業後、渡辺明次建築綜合研究室・古橋建築事務所を経て、’86年アーキテン一級建築士事務所設立、現在に至る。全国の温泉活用健康施設・民間温泉施設・オフィスビル・商業施設・博物館等の設計監理、リニューアルやまちづくりコンサル業務などを手掛ける。
推進センター発行の月刊不動産フォーラム21において連載多数。

申込みは締め切りました。

詳細はこちら

2022年11月21日更新

特別編『会計講座』開催決定!

ご要望が多くあった「会計講座」を開催することとなりました。ぜひこの機会にお申込み下さい!
※フォローアップカレッジ2022の年間ラインナップ対象外の講座となるため、カレッジA会員も有料となります。(カレッジA会員限定サービスの「後日動画配信」)もありません。)


【特別編】財務3表一体理解法による会計の仕組みを理解する

法人相手の不動産取引を行う場合に、企業の財務状況を分析し、経営状態を把握することは取引を安全に行うためにも必要な重要な調査となります。
財務評価指標の活用によりCRE戦略を実践するためにも、まずは財務諸表の基本的な仕組みを理解することが必須です。
本講座では、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュフロー計算書(C/S)の財務3表の数字のつながりや、具体的な企業を題材に財務分析手法までを解説します。
講義の内容をマスターすれば財務3表のつながりと数字が何を意味するのか、財務諸表の仕組みが理解できます。
取引当事者の経営状態の把握など実務に役立つ会計の基本を身につけたい方、会計の勉強を一度もしたことがない方向けに当センターが初めて企画する会計の講座となります。
講師は会計の仕組みをわかりやすく説明する研修で評判の國貞克則先生です。

※電卓をご用意のうえご参加ください。

◆Session1 「決算書の基礎知識」
◆Session2 「財務3表のつながりを理解する」
◆Session3 「純資産の部を理解する」
◆Session4 「財務分析」
 

講師紹介

講 師: 國貞 克則 氏(有限会社ボナ・ヴィータコーポレーション 代表取締役)  
國貞 克則氏

1983年 東北大学工学部機械工学科卒業、神戸製鋼所入社。
    海外プラント輸出、人事、企画、海外事業企画に従事。
1996年 米国ピーター・ドラッカー経営大学院にてMBA取得
2001年 ボナ・ヴィータ コーポレーションを設立して独立。
著書:『財務3表一体理解法』、『財務3表一体理解法 発展編』、
『財務3表図解分析法』ほか多数。

開催概要

研修形式: ①会場型+アーカイブ配信 ②アーカイブ配信のみ
会場開催日: ①2022年12月20日(火)10:00~17:00 ※受付開始 9:30~
<会場>
AP市ヶ谷 5階 Dルーム
東京都千代田区五番町1-10
JR線・有楽町線・南北線・都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩1分
アーカイブ配信期間: ②2022年12月26日(月)~2023年1月13日(金)
※視聴開始日に、メールにてYouTubeのURL及びレジュメのダウンロード用のURLをお送りいたします。
視聴開始日以降にお申込みいただいた方は、受講料お振込み後、ご案内いたします。
申込締切日: ①<会場型+アーカイブ配信>
2022年12月16日(金)12:00まで
②<アーカイブ配信のみ>
2022年12月23日(金)12:00まで
受講料: カレッジ会員:25,000円(税込) ※A会員・動画会員共通
一般:32,000円(税込)
※アーカイブ配信のみをご希望の場合も、受講料は同額となります。
単位について:
(カレッジA会員のみ)
会場に参加された方のみ、5単位の取得となります。
<注意事項>
・単位はカレッジA会員のみの制度となります。
・今回は特別編のため、事前課題の提出はありません。
・遅刻、途中退出は単位付与の対象外となります。
持ち物: ①<会場型+アーカイブ配信> ※会場に以下持ち物をご持参下さい。
・受講票(受講料お支払い後、受講票が自動送信されます。)
・筆記用具
・電卓
②<アーカイブ配信のみ>
・レジュメをダウンロードし、手元に準備していただいた上でご受講ください。

2022年11月9日更新

フォローアッププログラムマーケット編 ~不動産の未来を予測する~『2022秋 不動産マーケットの現状と将来展望』※A会員は後日動画配信有り。

コロナ禍を契機として新たな生活スタイルやビジネススタイルが浸透し、人々の価値観が大きく転換するなか、日本社会が抱える構造的な問題が未解決なままでは日本は世界の中でも埋没していく危険があります。
円安の進行も米国との金利差だけではなく、日本国自体のポテンシャルが大きく減退していることもその要因と考えられています。
雇用制度、税制改革等の抜本的な構造改革を行わない限り日本経済の浮上は見込めないと講師は断言しています。
日本経済を取り巻く環境や人々の価値観が激変するなか、不動産マーケットはどのように変化し推移していくのでしょうか?
少子高齢化という構造的要因を抱え、大量相続時代の到来が目の前に迫るなか、ウィズコロナ、そしてアフターコロナの不動産マーケットの現状と将来展望について語っていただきます。

《講義内容(予定)》
 1.不動産マーケットの現状と認識
 2.オフィスマーケットを取り巻く環境変化について
 3.高値圏継続のマンションマーケットの今後
 4.いよいよ始まる首都圏大量相続時代に備える
 5.ホテル・リゾートマーケットの今後
 6.街プラウドの醸成と街づくりの未来



開催概要

研修形式: <会場型>
①事前課題 提出期限:12月5日(月)17:00まで
②会場受講 ※A会員は後日動画配信有り。
<事前課題について>
事前課題の提出は任意ですが、当日の講義で事前課題の内容を確認することがあります。
一通り内容をご確認の上、ご参加下さい。
但し、A会員で単位取得希望の方は提出が必須となります。

※研修形式の詳細につきましては下記URLをご確認下さい。
https://www.retpc.jp/fup/pages/college2022/#testtype
日 時: 2022年12月7日(水)
受付開始 13:00~
講  義 13:30~16:30
会 場: AP市ヶ谷 5階 Dルーム
東京都千代田区五番町1-10
JR線・有楽町線・南北線・都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩1分
申込締切: 2022年12月7日(月)12:00まで
受講料: A会員 無料
※会場で受講する場合は申込みが必要です。
※単位取得を希望する場合は事前課題を提出し、会場での受講が必須となります。

動画会員 12,000円
※会場で受講する場合、または後日動画の視聴を希望する場合は、申込みおよび受講料のお支払いが必要です。
一般 14,000円
単 位: 3単位 ※A会員のみ
※単位の詳細につきましては、下記URLをご確認下さい。 https://www.retpc.jp/fup/pages/college2022/#count
講 師: 牧野 知弘 氏(オラガ総研株式会社 代表取締役)
 
牧野 知弘 氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググ ループを経て、三井不動産に勤務。不動産開発、買収、証券化業務等を手掛ける。現在はオラガ総研株式会社代表取締役としてホテルやオフィスなど不動産全般のアドバイザリー、プロデュース業務を行う傍ら、講演活動を積極的に展開。不動産関係の数多くの著書を執筆している。著書に『不動産激変 コロナが変えた日本社会』『空き家問題』『民泊ビジネス』『インバウンドの衝撃』『不動産で知る日本のこれから』『不動産激変』『家の買い方街の選び方』『2030年の東京』(いずれも祥伝社新書)、『2020 年マンション大崩壊』(文春新書)、『人が集まる街逃げる街』(角川新書)、『不動産の未来』(朝日新書)などがある。 文春オンライン、Business Journalでの連載のほか、テレビ、新聞等メディア出演多数。

2022年11月9日更新

フォローアッププログラム実践編 借地借家法の体系的理解と実務①【借地編】~立法の背景から活用・トラブル事例まで~※A会員は後日動画配信有り。

借地借家については、制度内容がとても複雑で、存続期間や権利の内容が異なるものが併存しますので、整理がしづらい分野ではないでしょうか?しかし、法の変遷とその立法の背景を知ることから、体系的にポイントを学ぶことで整理がしやすくなります。
不動産分野を得意とし、定期借地権の普及についての建設省の各委員を務め、また、定期借家権や終身借家権の立法に携わった吉田修平弁護士が『借地借家法』について2回シリーズで解説します。今回は『借地編』。
「借地上の木造2階建ての建物が空き家になっているのでマンションデベロッパーに売却したいが、買主は6階建ての賃貸マンションを建築したいと考えている。どのような手続が必要となるか。」、「借地上の自宅に居住しているが、庭が広く空いているので駐車場経営をしたいと考えているが問題ないか。」といった活用事例やトラブル事例に関するQ&Aも交えながら、分かりやすく解説します。

《【借地編】の主な講義内容》
・借地・借家の全体像
・借地権について
 借地権の歴史、普通借地権、定期借地権
・活用・トラブル事例



開催概要

研修形式: <会場型>
①事前課題 提出期限:12月12日(月)17:00まで
②会場受講 ※A会員は後日動画配信有り。
<事前課題について>
事前課題の提出は任意ですが、当日の講義で事前課題の内容を確認することがあります。
一通り内容をご確認の上、ご参加下さい。
但し、A会員で単位取得希望の方は提出が必須となります。

※研修形式の詳細につきましては下記URLをご確認下さい。
https://www.retpc.jp/fup/pages/college2022/#testtype
日 時: 2022年12月14日(水)
受付開始 13:00~
講  義 13:30~16:30
会 場: AP市ヶ谷 5階 Dルーム
東京都千代田区五番町1-10
JR線・有楽町線・南北線・都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩1分
申込締切: 2022年12月12日(月)12:00まで
受講料: A会員 無料
※会場で受講する場合は申込みが必要です。
※単位取得を希望する場合は事前課題を提出し、会場での受講が必須となります。

動画会員 12,000円
※会場で受講する場合、または後日動画の視聴を希望する場合は、申込みおよび受講料のお支払いが必要です。
一般 14,000円
単 位: 3単位 ※A会員のみ
※単位の詳細につきましては、下記URLをご確認下さい。 https://www.retpc.jp/fup/pages/college2022/#count
講 師: 吉田 修平氏(吉田修平法律事務所 代表弁護士)
 
吉田 修平 氏

定期借家権、終身借家権の立法、担保執行制度の改正などに関わり、中間省略登記の代替手段の考案など、不動産を得意分野とする。また、各省庁の委員会委員や大学での教鞭、各種団体の役員など多方面で活躍。
著書:『所有者不明土地の法律実務~民法・不動産登記法等の大改正による土地所有法制の実務対応~』(プログレス、2022)、『不動産相続の法律相談』(青林書院、2020)、『実務解説 借地借家法(第3版)』(青林書院、2020)、『相続法改正~新しい相続実務の徹底解説~』(青林書院、2019)ほか多数。

2022年11月9日更新

フォローアッププログラム実践編 ~土砂災害から解き明かす「都市宅地に潜むリスク」~

2000年代に入ってから、立て続けに大都市における大災害に見舞われています。
2004年中越地震、2011年東北地方太平洋沖地震、2014年広島土砂災害、2016年熊本地震、2018年7月豪雨災害(西日本豪雨)、同年胆振東部地震、2021年7月熱海市伊豆山地区土砂災害等、深刻な災害に立て続けに見舞われています。
とりわけ都市部において、災害の複合的原因がより鮮明に示されてきました。山地で起こる斜面崩壊などは単なる自然現象ですが、都市部ではそれに宅地開発、街づくりなどの社会問題が付け加わることになります。都市の斜面災害がその土地の成り立ちにある以上、科学技術だけでは防ぎようがなく、歴史とともに「近代の都市づくりと土砂災害の関係」を解き明かす必要があります。江戸から平成までの全国の災害地域史を追うことで、都市宅地のどこに地すべりの危険は潜んでいるのか、どのようにして斜面災害の芽は生み出されるのか、その予兆をいかに察知するのかを解き明かしていきます。土地の取引に直接関わる不動産プレーヤー必聴の講義です。


開催概要

研修形式: 動画配信型
①事前課題 提出期限:2022年12月21日(水)17:00
②動画受講
③確認テスト 提出期限:2023年1月8日(日)17:00
<事前課題について>
提出は任意です。
但し、A会員で単位取得希望の方は提出が必須となります。
<確認テストについて>
提出は任意です。
但し、A会員で単位取得希望の方は提出および全問正解が必須となります。

※研修形式の詳細につきましては下記URLをご確認下さい。
https://www.retpc.jp/fup/pages/college2022/#testtype
視聴期間: 2022年12月23日(金)10:00 ~ 2023年1月5日(木)17:00
視聴時間: 約40分×3本(予定)
申込締切: 2022年12月24日(土)12:00 ※一般申込みの締切日です。
受講料: A会員 無料
※申込み不要。準備が出来次第ご案内いたします。
※単位取得を希望する場合は、
①事前課題の提出、②動画受講、③確認テストの提出および全問正解が必須となります。

動画会員 無料
※申込み不要。準備が出来次第ご案内いたします。
一般 10,000円
※一般の方は下記申込みボタンよりお申込み下さい。
確認テスト: 4問(四肢択一)
解答に必要な想定時間:約10分
解答期限:2023年1月8日(日)17:00
※A会員で単位取得希望の方は、期限までに全問正解となるまで繰返し解答して下さい。
単 位: 2単位 ※A会員のみ
※単位の詳細につきましては、下記URLをご確認下さい。 https://www.retpc.jp/fup/pages/college2022/#count
講 師: 釜井 俊孝 氏(京都大学防災研究所 教授)
 
釜井 俊孝 氏

京都大学名誉教授。1957年東京都生。1979年筑波大学卒業(地球科学専攻)。1986年日本大学大学院修了(地盤工学専攻)。民間地質調査会社、通産省工業技術院地質調査所、日本大学理工学部土木工学科助手・専任講師・助教授、京都大学防災研究所助教授などを経て現職。博士(工学)
主な著書
「埋もれた都の防災学-都市と地盤の2000年(京都大学学術出版会 2016年)」「宅地崩壊-なぜ都市で土砂災害が起きるのか(NHK出版 2019年)」「宅地の防災学 : 都市と斜面の近現代(京都大学学術出版会 2020年)」他 論文報告多数。

2021年9月9日更新

フォローアッププログラム宅建マイスター講座

宅建マイスター講座の詳細については、下記よりご確認下さい。


入門研修割引コード

フォローアップカレッジ2022

カレッジ2021表彰者

不動産フォーラム21 Web

スキルアップ計画表

宅建アソシエイト

集合研修で学習

不動産コンサルティング技能試験