HOME > 出版 > 月刊「不動産フォーラム21」

出版

月刊「不動産フォーラム21」

月刊『不動産フォーラム21』(編集・発行:当センター、発売:(株)大成出版社)は、基礎的知識から実務的情報 まで、わかりやすい内容・解説で日々の業務をサポートする、不動産コンサルティング関連業務に携わる方のための雑誌です。知識・技能アップを図る記事、実践的な記事を中心 に、経済・不動産市場動向、 法令改正の動きなどを踏まえた最新の情報を提供しています。
【主な内容】
・コンサルティング基礎講座
・コンサルティング実践例
・マーケット動向
・行政情報
・Q&A(法律・税制・建築・金融・実務等)
・Report、Column、Essay

【2000年5月創刊】
月刊・A4判・48ページ
定価 1,132円(本体 1,048円・送料実費)
年間購読料 12,360円(税込み・送料サービス)
●最新号(2月号)の内容はこちら
●バックナンバーの内容はこちらから
◆1月号にはこんなページが…
 ・2018年の不動産業行政について
 ・建築物における音環境について(1)
※月刊『不動産フォーラム21』は、当センターとの業務提携により、(株)大成出版社で発売しておりますので、購読に関するお問い合わせ・お申込みは、下記宛てにお願いします。
株式会社大成出版社 http://www.taisei-shuppan.co.jp/
TEL:03-3321-4131  FAX:03-3325-1888

最新号(2018年2月号)の主な内容

● コンサルティング基礎講座

不動産取引に必須の印紙税の知識(5)
―土地賃貸借契約書の所属の決定―
山田重則(鳥飼総合法律事務所 弁護士/鳥飼総合法律事務所 印紙税相談室所属)監修:鳥飼 重和
賃貸住宅市場のマクロ分析の勧め(13) 【最終回】
東京圏の賃貸住宅市場(神奈川県)と今後の賃貸経営に求められること
藤井和之((株)タス 主任研究員兼新事業開発部長)
民泊のすべて(9)
民泊合法化の実務
―共同住宅編―
石井くるみ(日本橋くるみ行政書士事務所代表)
不動産オーナーのための資産承継術
―3つの視点で不動産経営を考える―
安藤ゆかり(企業再建・承継コンサルタント協同組合 経営企画室室長)
建築物における音環境について(2)
―音環境の評価指標―
大脇雅直((株)熊谷組 顧問)
不動産取引における検査済証のない物件の建築基準法適合状況調査と改正宅地建物取引業法
大澤香子((株)ERIソリューション取締役)

● コンサルティング実務講座

不動産活用の実践ドキュメント
なぜ、このビル企画は初年度から黒字を見込めるのか(4)
―社会要因の分析の仕方―
塩見 哲(ダンコンサルティング(株)代表取締役/税理士/経営戦略コンサルタント/建築企画プロデューサー)

● マネジメント基礎講座

ホテル旅館格付け情報の意義とホテルのチェックポイント(12) 【最終回】
―ホテル旅館格付け及びインスペクションの真実―
北村剛史((株)ホテル格付研究所代表取締役所長/(株)日本ホテルアプレイザル取締役)

● Column

トレンドアイ (47)
早起きは三文の徳 ―時差Bizのススメ―
島村美由紀((株)ラスアソシエイツ代表取締役)

● Q&A

[法律]法律行為と意思能力……民法第三条の二の新設について
高津公子(弁護士)
[税制]不動産所得における必要経費の範囲
鈴木 豊(鈴木豊税務会計事務所/公認会計士/税理士)
[建築]建物の固定資産評価額はどう決まる?
中城康彦(明海大学不動産学部教授)

● コンサルティングエッセイ

自転車とまちづくり (1)
自転車をもっとまちづくりの主軸に
古倉宗治((株)三井住友トラスト基礎研究所 研究理事)

● 推進センターの動き

価格査定マニュアルデータからみた不動産評価の現状と課題
麻 剣英((公財)不動産流通推進センター 研究員/博士(不動産学))

ページトップへ