HOME > 不動産コンサルティングに関わる海外調査総合報告会

不動産コンサルティングに関わる海外調査総合報告会

不動産コンサルティングに関わる海外調査総合報告会

※ この報告会はすでに終了しておりますが、参考までに掲載しております。
 不動産流通推進センターのスペシャリティ講座として「不動産コンサルティングに関わる海外調査報告」(第一弾アジア編、第二弾欧米編)が開催されましたが、本報告会では、これらを総括し、「海外調査から読むこれからの不動産コンサルティング」について、3人の先生方に討論していただきます。
 東京が2020年オリンピックの開催地に決まり、海外から日本への注目度はより高まってゆくことでしょう。今こそ不動産における海外との関わりを考える好機です。ぜひ、ご参加ください。
 なお、本報告会は不動産コンサルティング中央協議会主催の「自主研修会」として開催され(事務局:(公財)不動産流通推進センター)、公認 不動産コンサルティングマスター認定証(不動産コンサルティング技能登録証)の更新要件を満たすもの(自主研修会・スペシャリティ講座3回受講のうちの1回分)と認められます。

不動産コンサルティング中央協議会主催

不動産コンサルティングに関わる海外調査総合報告会  無料
討論!海外の不動産事情から日本の現状を読む!
-海外不動産事情に精通した講師陣によるパネルディスカッション!-
(平成25年10月4日(金))

※ この報告会はすでに終了しておりますが、参考までに掲載しております。

※ 不動産流通推進センターでは、今年1月~3月に海外調査を行い、「不動産コンサルティングに関わる海外調査」報告書をまとめました。 「海外調査報告書」は→こちら

◆本報告会参加の方には小冊子「海外不動産コンサルティングに関わる海外調査報告書 ダイジェスト版」(定価500円)を会場にてプレゼント!!

「不動産コンサルティングに関わる海外調査」の総合報告会として、海外調査に携わった先生方が集合し、パネルディスカッション形式で「海外調査から読むこれからの不動産コンサルティング」について話し合っていただきます。
グローバリゼーションの波によって海外投資家の注目が日本市場に集まっている今、その波を捉えるためにも海外の不動産取引の実態を知ることは重要です。
不動産流通推進センターのスペシャリティ講座として「不動産コンサルティングに関わる海外調査報告」(第一弾・投資対象として注目されるアジア編、第二弾・参考になる商習慣や制度を持つ欧米3カ国編)が開催されましたが、本報告会では、これらを総括し、海外市場から見た「日本」、そして「不動産コンサルティングの発展」という点に焦点をあてていきます。

 
☆ 開 催 概 要 ☆
日 時 平成25年10月4日(金)
受付開始:13時00分
講  義 :13時30分〜16時45分
会 場 全水道会館 大会議室
(東京都文京区本郷1-4-1)
JR水道橋駅・東口 徒歩2分
都営地下鉄三田線水道橋駅・A1出口 徒歩1分
受講料 無料(事前のお申込みが必要です。
講 師 中城 康彦氏 (明海大学不動産学部長・不動産学部教授、一級建築士、不動産鑑定士)
(公財)不動産流通推進センター発行の「不動産コンサルティング実務講座〈基礎編〉」や「月刊不動産フォーラム21」等の執筆のほか、不動産コンサルティング専門教育等の講師として、不動産実務に精通したわかりやすい解説に定評があります。
周藤 利一氏 (東京ガス株式会社 顧問、 前・国土交通政策研究所長)
昭和54年建設省入省。在大韓民国大使館二等書記官、国土交通省土地情報課長、不動産適正取引推進機構研究理事、日本大学経済学部教授、前・国土交通政策研究所長など歴任。
著書に『日本の土地法』『わかりやすい宅地建物取引業法』など。
篠原 二三夫氏 (株式会社ニッセイ基礎研究所 社会研究部 上席研究員 土地・住宅政策室長)
株式会社ニッセイ基礎研究所入社後、都市開発部を経て社会研究部門 上席主任研究員として現職。当センターの海外調査業務の委託先でもあり、海外不動産の市場動向、海外各国の取引制度に精通されています。
※ 本報告会は不動産コンサルティング中央協議会主催の「自主研修会」として開催され、公認 不動産コンサルティングマスター認定証(不動産コンサルティング技能登録証)の更新要件を満たすもの(自主研修会・スペシャリティ講座3回受講のうちの1回分)と認められます。

◆お問い合わせ先:不動産コンサルティング中央協議会事務局(不動産流通推進センター 不動産教育研修グループ[TEL 03-5843-2078 平日9:30~17:00])

ページトップへ