公益財団法人 不動産流通推進センター

一般に買主がある事実を知っていたらその物件をその値段では買わないような事実は、重要な事項(業法第47条第1号) といっていいでしょう。心理的な瑕疵は売主が隠す傾向にあるので注意が必要です。
心理的瑕疵は重要な事項に該当するので、売主は告知義務を、媒介業者は説明義務を負います。
売主に「本当のことを契約前に告知しておかないと後で損害賠償請求されたり契約解除になることもありますよ。」と説明して「告知書」に正しく記入してもらいましょう。

宅建業法の説明義務と民事上の説明義務
資料提供:渡辺晋弁護士
不動産流通推進センター