当センター宅建コース最高峰の講座

宅建マイスター養成講座
ホーム > 受講者の声
受講者の声

大橋禎弘
大橋禎弘
初心に戻り、200を超えるケーススタディで法令を再確認

宅建マイスター養成講座は、全体の8割が実務で実際に体験した内容でした。そのため初心に戻り、一から復習として民法を始め、最新の法令等を確認できたことがとても良かったです。
宅建マイスターメンバーズクラブでは、事例レポートをプリントアウトして重要な部分は蛍光ペンでチェックして勉強しています。実際にこのようなケースに遭遇した場合、お客さまに間違いのない適正な取引ができるよう心がけて勉強しています。


深澤元弘
深澤元弘
あやふやな知識を、確かな知識に

Q&A形式のケーススタディで、解答を間違えたときには、なぜ間違いなのかが解説されており理解が深まりました。あやふやな知識で誤答したときが、もっとも理解の向上につながると実感しました。
問題に直面した際には、ケーススタディを振り返り、類似の事例を参考にしています。できる限り、一つでも多くの最新事例を学習して、どういうトラブルがあるのか(トラブルになりうるのか)という引き出しを増やしていきたいと思っています。


湯本謙弥
湯本謙弥
不動産のプロフェッショナルとして模範となり成長していきたい

曖昧な知識は、一歩間違えると大きなトラブルに発展しかねません。本講座の一番の魅力は、そうした曖昧な知識の部分が払拭でき、自信を持って不動産取引や顧客対応ができるようになったことです。
メンバーズクラブの方々は、様々なトラブルを乗り越えられて活躍されている不動産のプロです。皆さんと情報を共有しながらトラブルの未然防止・早期解決に向けた取組みを情報発信できたらと思います。私自身、不動産のプロフェッショナルとして模範となり、成長していきたいと思っております。

  • クライアントサティスファクションの講義がすばらしい!
  • 講義が実践的! 教えていただいた方法で現地調査にのぞみます。
  • 全国の不動産事情が聞けて、大変刺激を受けました。
  • 地権者やクライアントへの接し方など気づきや参考になるものが多かった。
  • 相手からの相談を注意深く聞いて、何がしたいのか問いかける優しさが大切だと分かりました。
  • CSを理解することで、これからの方向性や姿勢を正す指針ができそうです。
  • 全国の方のお話を聞いて、まさに不動産には地域特性ありと実感。自分の思考に広がりが出ました。
  • 大手を離れると情報不足になるので、業界のいまを知ることや、取り巻く環境の情報源として有意義な講座だと思う。
  • 自分の現状の立ち位置が確認でき、もっと成長したいと前向きになれた。
  • 実務の振り返りができるので、指導する立場の人におすすめ。

講座内容

STEP1 web通信講座(パソコン・タブレットから)
・学習項目は3項目50単位
・学習時間の目安は1日30分の学習を想定した場合2ヵ月間
・受講開始日から1年間有効
STEP2 集合研修
・東京会場又は大阪会場にて全3日間
・受講開始日から2年間の間に要参加
第12期集合研修 東京会場
平成29年2月8日(水)~10日(金)
集合研修開催実績
公益財団法人 不動産流通推進センター