HOME > カテゴリー '不動産相談'

不動産相談

相談事例一覧(不動産相談) 2022年

08月

土地の賃借人が下水道へ接続することの賃貸人の承諾義務の有無。 2208-R-0252
媒介業者は、買主に対して、任意売却物件であることを説明する義務があるか。 2208-B-0309
予定するリフォーム工事の内容を誤って調査説明した場合の媒介業者の責任 2208-B-0308
媒介業者が依頼者から報酬として受領できる「依頼者の依頼によって行う広告の料金に相当する額」及び「特別の費用に相当する額」の範囲 2208-B-0307
定期建物賃貸借契約において、賃貸人に説明義務のある「事前説明」を、媒介業者が重要事項説明と併せて説明することの可否 2208-R-0251

06月

マンション管理組合のペット飼育を禁止する規約変更の有効性。 2206-B-0306
地役権の登記がされていない承役地の譲受人の要役地所有者に対する対抗力。 2206-B-0305
賃借人が賃借建物の修繕要求を拒否したときに、賃貸人は、賃貸借契約を解除することができるか。 2206-R-0250
被相続人と同居していた相続人は、継続して被相続人の遺産である建物に無償で居住することができるか。また、他の相続人に対して賃料を支払う義務はあるか。 2206-R-0249
法人契約をした借主会社の合併・事業譲渡と賃貸借契約の行方 2206-R-0248

04月

宅建業者が売買の代理をするときに取引の相手方から報酬を受けることの是非。 2204-B-0304
居住していない区分所有者のみを対象とする金銭的負担の是非。 2204-B-0303
一般事業者が不動産業者から顧客紹介料を継続的に受領することの違法性の有無。 2204-B-0302
定期建物賃貸借契約の際、定期建物賃貸借契約である旨の事前説明書は賃貸人が賃借人に読み聞かせすればよいか。 2204-R-0247
地代や家賃の自動改定特約の有効性 2204-R-0246

02月

売買契約で約定した売主の建物明渡義務はいつまでに履行しなければいけないか 2202-B-0301
倒産寸前の会社の不動産の処分と問題点 2202-B-0300
借地権者の同居家族名義の建物登記の可否 2202-R-0245
建物賃貸借契約におけるネズミ駆除の費用負担の帰属 2202-R-0244
賃貸人(オーナー)による転借人への直接権利行使の是非 2202-R-0243

12月

倒産した分譲会社名義の前面道路に他の倒産会社の抵当権が付いたままになっている旧分譲地の買収と建売事業の是非 2112-B-0297
賃借人が、成年被後見人になったときは契約解除できる約定の可否 2112-R-0242
点検不能な排水管からの水漏れ事故の責任者いかん 2112-R-0241

10月

業法第38条の損害賠償額の予定等の意味とその違約金条項の定め方 2110-B-0296
管理規約のない中古マンションの売買の媒介 2110-B-0295
賃借人は、耐用年数を超えた壁クロスの原状回復義務を負うか。 2110-R-0240
賃貸人が死亡したが、相続人の存在が不明の場合、賃料の支払いはどうすればよいか。 2110-R-0239
賃貸人が賃借人に無断で賃貸建物に立ち入った場合、賃借人から契約の解除ができるか。 2110-R-0238

08月

民法に規定する「境界線付近の建築の制限」における境界線からの距離は、建物のどの部分までか。 2108-B-0294
遺産分割協議前に共同相続人の全員の合意により一部土地を売却した代金の帰属。 2108-B-0293
依頼者により不動産の売買契約から排除された媒介業者の媒介報酬請求権 2108-B-0292
フリーレント期間のある事業用定期建物賃貸借契約の違約金特約の有効性。 2108-R-0237
建物賃貸借において賃借権が譲渡された場合、敷金返還請求権は新賃借人に引継がれるか。 2108-R-0236

06月

書面のない不動産贈与において、贈与者が引渡し前に贈与を解除することの可否 2106-B-0291
収益物件の購入を検討していた法人の要望に応じて、入居者の一部を退去させたが、その法人とは契約締結に至らなかった。物件所有者は、損害賠償を請求できるか。 2106-B-0290
賃貸している建物の内装等を賃貸人が修繕する場合、賃貸開始時と同等の状態やグレードにする義務があるか。 2106-R-0235
共有不動産を賃貸することは、共有者全員の合意が必要な処分行為又は共有者の過半数で決めることができる管理行為のいずれに該当するのか。 2106-R-0234
広告表示権は法的保護の対象か。 2106-R-0233

04月

標準管理規約採用の住宅専用マンションで、居室の一部を居住以外の用途で使用することは、絶対にできないのか 2104-B-0289
交換契約の法的性質と媒介手数料 2104-B-0288
境界線上の塀の越境とその説明をしなかった売主、媒介業者の責任 2104-B-0287
賃貸借契約の建物が震災により損壊して契約解除となった場合の賃料支払義務と敷引特約の適用の可否 2104-R-0232
建築確認前の賃貸借の媒介と報酬請求の可否 2104-R-0231

02月

専任媒介契約期間中に、売主が自ら発見した顧客との取引を他業者が媒介することができるか 2102-B-0286
任意売却中の新たな仮差押えの登記とその対応いかん 2102-B-0285
賃借人が残置した家庭用エアコンの賃貸人の買取義務の有無。 2102-R-0230
賃貸人が、他室と異なる高い賃料であることを賃借人に告げずに賃貸借契約を締結することは消費者契約法に違反するか。 2102-R-0229
貸店舗に隣接し、駐車場として賃貸借している土地のみの更新拒絶の可否。 2102-R-0228

12月

媒介業者が登記書類を作成することの是非 2012-B-0284
親権者は、未成年の子が共同相続人となる場合において、子の不動産相続手続及び売買行為を代理することができるか。 2012-B-0283

当センターでは、不動産取引に関するご相談を
電話にて無料で受け付けています。

専用電話:03-5843-208111:00〜15:00(土日祝、年末年始 除く)

相談内容:不動産取引に関する相談(消費者、不動産業者等のご相談に応じます)

<ご注意>
◎ たいへん多くの方からご相談を受け付けており、通話中の場合があります。ご了承ください。
◎ ご相談・ご質問は、簡潔にお願いします。
◎ 既に訴訟になっている事案については、原則ご相談をお受けできません。ご担当の弁護士等と協議してください。

ホームページに掲載しています不動産相談事例の「回答」「参照条文」「参照判例」「監修者のコメント」は、改正民法(令和2年4月1日施行)に依らず、旧民法で表示されているものが含まれております。適宜、改正民法を参照または読み替えていただくようお願いいたします。

更に詳しい相談を希望される方は、
当センター認定の全国の資格保有者へ

不動産のプロフェッショナル

過去の事例(年別)

  • 賃貸
  • 売買

ページトップへ

archive