HOME > 公益財団法人 不動産流通推進センター認定資格 > 公認 不動産コンサルティングマスター 不動産有効活用専門士

公益財団法人 不動産流通推進センター認定資格

公認 不動産コンサルティングマスター 不動産有効活用専門士

公認 不動産コンサルティングスター
不動産有効活用専門士

推進センターが認定する“専門士”の第2弾!
不動産コンサルティングの本流、有効活用

不動産有効活用専門士とは

「公認 不動産コンサルティングマスター」を対象に、不動産有効活用に関する3日間の集中講座を実施。すべてを受講し、修了試験に合格した方を不動産有効活用専門士と認定します。

☆認定を受けてからも、毎年資格更新手続きを行うことにより、コンプライアンスの遵守、最新の不動産事情にまつわる知識をブラッシュアップし続けます。

不動産有効活用専門士のここがスゴイ!

☆不動産コンサルティングの本流ともいえる不動産有効活用。相続対策の提案にも有効活用のスキルは欠かせません。依頼者の所有する資産を、多角的な視点から分析し、最も有効に活用する方策を導き出す能力を有した方、それが『公認 不動産コンサルティングマスター不動産有効活用専門士』です。

☆各種専門家(税理士・弁護士・不動産鑑定士 等)との連携を持ち、依頼者がワンストップで相談できる窓口となります。

不動産有効活用専門士

3日間の集中講座でコンサルティングスキルアップ!

<受講資格>
☆有効な公認 不動産コンサルティングマスター認定証を有する方。
☆申込後、「不動産有効活用事前課題」の解答を提出し、合格した方。

<3日間の集中講座>
☆1日目は、土地・建物の有効活用総論、CRE(FRE)戦略(注)について学習します。
(注)ここでは、企業不動産の管理、運用に関する企業戦略(Corporate Real Estate, CRE戦略)の考え方を参考とした、個人・家族間の不動産有効活用戦略のことをFRE(Family Real Estate)戦略としています。
☆2日目は、投資判断の手法を学習し、課題に対しグループディスカッション、プレゼンテーションを行います。
☆3日目は、事業収支コンサルティング、信託について学習し、課題に対しグループディスカッション、プレゼンテーションを行います。
☆修了試験

講座実施時期:毎年1~2月(前年11月ごろ募集開始)詳しくはこちら

不動産有効活用専門士紹介ページはこちら

不動産有効活用専門士

ページトップへ