HOME > 出版 > 月刊「不動産フォーラム21」

出版

月刊「不動産フォーラム21」

月刊『不動産フォーラム21』(編集・発行:当センター、発売:(株)大成出版社)は、基礎的知識から実務的情報 まで、わかりやすい内容・解説で日々の業務をサポートする、不動産コンサルティング関連業務に携わる方のための雑誌です。知識・技能アップを図る記事、実践的な記事を中心 に、経済・不動産市場動向、 法令改正の動きなどを踏まえた最新の情報を提供しています。
【主な内容】
・コンサルティング基礎講座
・コンサルティング実践例
・マーケット動向
・行政情報
・Q&A(法律・税制・建築・金融・実務等)
・Report、Column、Essay

【2000年5月創刊】
月刊・A4判・48ページ
定価 1,132円(本体 1,048円・送料実費)
年間購読料 12,360円(税込み・送料サービス)
●最新号(1月号)の内容はこちら
●バックナンバーの内容はこちらから
◆12月号にはこんなページが…
 ・住宅地開発の無電柱化 「無電柱化の推進に関する法律案」の動きを踏まえて
 ・事例でつかむ 相続コンサルティングのポイント(8) 【最終回】 しっかり知って活用する! 相続空き家の3,000万円控除の特例
※月刊『不動産フォーラム21』は、当センターとの業務提携により、(株)大成出版社で発売しておりますので、購読に関するお問い合わせ・お申込みは、下記宛てにお願いします。
株式会社大成出版社 http://www.taisei-shuppan.co.jp/
TEL:03-3321-4131  FAX:03-3325-1888

最新号(2017年1月号)の主な内容

● 新年企画

2017年の不動産業行政について
中田裕人(国土交通省 土地・建設産業局不動産業課長)

● 新年企画 2017 公認不動産コンサルティングマスターに期待されること

新しいビジネスモデルへの挑戦
塩見哲(ダンコンサルティング(株)代表取締役)
ビジネスを通じた社会貢献に期待
中城康彦(明海大学不動産学部 学部長 教授)
不動産バブル崩壊! その時こそがチャンス!!
福田郁雄(福田財産コンサル代表取締役)
情報の透明化、AI(人工知能)の時代に生き抜く力を
村木信爾(大和不動産鑑定(株)エグゼクティブフェロー/明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科特任教授)

● 新年企画 2016年の不動産市場と今後の展望

中古マンション・中古戸建住宅(首都圏)
成約件数は過去最高、在庫件数がピークに近づき価格の上昇はいくぶん緩和
佐野隆之(公益財団法人東日本不動産流通機構)
新築分譲マンション(首都圏・近畿圏)
価格高騰により厳しさ増す首都圏、一方近畿圏はまだ堅調を維持
松田忠司((株)不動産経済研究所 企画調査部 主任研究員)
賃貸住宅・新築戸建(首都圏)
賃貸成約、再び減少。新築戸建価格は4年連続上昇
岩田紀子(アットホーム(株)業務推進部シニアリサーチャー)
賃貸オフィス
東京とその他の都市とで需給バランスに違いが
前澤威夫(シービーアールイー(株)コンサルティング本部シニアディレクター)
不動産証券化
J-REITは多様化が進展、私募REIT市場も拡大傾向に
澤田考士((一社)不動産証券化協会 市場調査部 国際室長・部長代理)

● コンサルティング基礎講座

空室・空き家対策に関する制度などについて
―空き家対策を建築的な視点から考える― 番外編
小野富雄((株)小野富雄建築設計室代表取締役/一級建築士)

● Report

都市・街・人 2017 (1)
大型店の都心回帰は進むのか
―「ニトリ」の都心出店攻勢から読み解くライフスタイル変化―
小泉絵里子(商業施設運営・開発)

● Q&A

[税制]不動産を交換すると税金がかかる?
加藤久豊(税理士)
[法律]不動産信託受益権の当初委託者からの譲渡
井手慶祐(シティユーワ法律事務所/弁護士)
麻生裕介(シティユーワ法律事務所/弁護士)
[金融]日銀の新たな金融緩和の枠組み
「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」とは
井出保夫(不動産金融アナリスト)

● コンサルティングエッセイ

地形からみる日本文明 (13)
地形を恐れた信長 ―比叡山焼き討ち―
竹村公太郎(日本水フォーラム代表理事)

● Column

トレンドアイ (35)
深夜のメガドンキ
島村美由紀((株)ラスアソシエイツ代表取締役)

● Topics

消費税率引上げ先送りに伴う税制改正について

● 推進センターの動き

第2トラックの住宅すごろくに多様な選択肢の提供を
―「所有不動産を利用した高齢者の生活安定策に関する海外調査研究」より(2)―

ページトップへ