HOME > 推進センターアーカイブス > 不動産無料相談会

推進センターアーカイブス

不動産無料相談会

東日本大震災により被災された方のための
不動産無料相談会 の実施結果について

当センターは、東日本大震災により被災された方及び不動産業者の方に対する「不動産無料相談会」を、次のとおり実施しましたので、ご報告します。

これは、昨年5月から8月にかけて実施した「不動産相談ホットライン」(無料電話相談)の結果を踏まえ、より的確に被災された方々の相談に対応できるよう、宮城県、福島県及び岩手県において実施したものです。

1.実施地区

宮城県仙台市、福島県郡山市、岩手県一関市

2.実施日時、会場

(1)宮城県仙台市
平成23年11月27日(日) 10:00 ~ 17:00
仙台市情報産業プラザ6階 セミナールーム1A(アエル6階)

(2)福島県郡山市
平成23年12月10日(土) 10:00 ~ 17:00
郡山チサンホテル2階 磐梯

(3)岩手県一関市
平成24年3月24日(土) 10:30 ~ 17:00
蔵ホテル一関 2階 栗駒
*上記(1)(2)(3)とも、各相談者の相談時間は概ね1時間としました。

3.無料相談の対象となる方々

東日本大震災により被災された方及び不動産業者の方を原則としましたが、直接被害を受けていなくても広く不動産に係ることでお困りの方も対象としました。

4.実施方法

(1)上記1.の地区の上記2.の会場において、実務経験豊富な不動産相談員及び弁護士が対応しました。
(相談員延べ11名(仙台4名、郡山4名、一関3名)。弁護士延べ3名(各市1名)建築士1名(仙台市))

(2)不動産に関する相談であれば、内容にかかわりなく相談に応じました。

5.相談結果(概要)

(1)相談者数
仙台市 5名
郡山市 12名
一関市 16名  合計33名

(2)相談内容(主なもの。件数には重複を含む。)

区分 件数 相談事例
賃貸物件に関するもの 5 ○(賃貸物件に関するもの:仙台)ビルにテナントとして入居しているが、大家から老朽化していることに加え、今般の地震で破損し、解体するので立退きの要求があった。このような場合、どのように対応したらよいのか?
○(住宅(借り上げ住宅)に関するもの:一関)地震により住宅が全壊し、現在は借り上げ住宅に入居している。今般、親の面倒を見ることとなり、大人3人では、手狭になった。何かいい方法はないか?
持家等に関するもの 11 ○(修繕費に関するもの:仙台)今般の地震で、マンションが半壊。今後、どのような評価を受けるのか?修繕に関し、管理会社と会長は「集会」を開催しないが、これでよいのだろうか?
○(二重ローンに関するもの:一関)自宅が、震災で全壊した。新しく再建したいが、二重ローンが生じる。何とかならないか?
土地に関するもの 14 ○(土地の売却に関するもの:一関)親が沿岸部に住んでいる。幸い津波の被害はなかったが、この際、親を引き取り、その土地を売却したい。その際の具体的方法や税金などを教えて欲しい。
○(地すべりに関するもの:一関)震災で、宅地が地すべりした。土地に瑕疵があるのではないか? 損害賠償は請求できるのか?
○(登記に関するもの:一関)登記済証が無くなってしまった。将来、売却するとき、どのようにすればよいのか?
原発に関するもの 8 ○(原発に関するもの:郡山)今回の原発の事故により、わが社が分譲している土地が値下がりしている。この損害に対して東京電力へ賠償の請求をしたいが、どのようにすればよいのか? また、除染にかかった費用は、どうすればよいのか?

6.アンケート調査の集計結果

(1)相談後実施したアンケートの結果では、各会場とも相談者からは「非常に役に立つ」の回答が合計23で全数(33)の約70%を占め、「役に立つ」の9を加えると全体約97%の相談者から相談内容について前向きの評価を得ていることが明らかとなった。

区分
A:非常に役に立つ 23
B:役に立つ 9
C:役に立たない 1
D:まったく役に立たない 0
33

(2)相談者の意見・要望等(主なもの)
・継続的・断続的開催を望む(3会場とも)
・親切な対応であったことに、心がラクになりました。(一関市)
・疑問点が解決した(仙台市)
・良い勉強になった。(郡山市)

7.各会場での特徴等

仙台市では、大都市地域であり、賃貸やマンションに関する問題(例えば、費用負担の方法など)が目立った。
郡山市では、原発に関連するものが多かった。
一関市では、土地等の処分方法に関するものが目立った。

8.今後の対応

今回は、3会場での開催であったが、相談者からは概ね好評を得ることができ、被災者等の支援に寄与することができたと考えている。
今後の不動産に関する相談については、現在、当センターが実施している通常の相談業務(電話相談)の中で対応を図って参りたい。

ページトップへ